ハッキリしないのは救われていない証拠だ

信心決定


 仏教とはブッダの説かれたものであるがブッダ一代の教えは阿弥陀仏の本願一つを説く為であった。

故に仏教を聞くということは阿弥陀如来の本願を聞くということである。

仏教を信ずるということは阿弥陀仏の本願を信ずるということである。

では阿弥陀仏の本願とは何か。

阿弥陀仏の約束、願いということであるが弥陀はどんな願いを建て、どんな約束をしているのか。

それを我々に教えに来られたのがブッダなのである。


人生は四苦八苦である


四苦八苦というのは、生老病死の四苦を始め、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五陰盛苦などの苦しみに満ちているのが人間である。

はう子も立つ子も我慢を通したいともがいている。

学生は成績の善悪を苦にしている。

大人は色欲の為に身を焦している。

労働者は楽をして賃金を多く得ようと苦しみ、

資本家は労働者を酷使して暴利を貧ろうとして悩んでいる。

寸時も安らかな者はいないのである。

これは、どんなに科学文明が発展しても変らぬ人間の相なのである。

 されば苦しむ為に生れて来たようなものである。

これでは人身受け難し今すでに受くの喜びなぞあろうはずがない。

あるものは苦しみ悩み、ウラミと呪い不安と焦燥不満不平のみである。


ハッキリわかる本願の味


 そんなすべての人を、何とか助けてやらねばならぬと

大悲やるせなく建立せられたのが弥陀の本願なのである。

その苦しみ不安を必ず救ってみせる、

必ず助けると弥陀は正覚をかけて約束なさっている。

しかも三世十方の諸仏も菩薩も弥陀の本願の真実を証誠なさっている。


だから阿弥陀仏の本願を信ずれば

現在只今から一切の苦悩から解放せられて絶対の幸福になれるのだ。

しかも弥陀は一念で救うと誓っていられる。

信ずる一念で抜苦与楽の身になれるのだ。


「しかれば大悲の願船に乗じて光明の広海に浮びぬれば、

 至徳の風静かにして衆禍の波転ず」

これは親鸞聖人が阿弥陀仏に救われた心境を述べられたものである。

阿弥陀仏の本願を信ずると、渦巻く苦悩の人生が光明輝く人生と変るのだ。

また

念仏者は無碍の一道なり。

天神地祇も敬服し魔界外道も障碍することなし」

とも喝破なされている。


ハッキリする迄求め抜こう


 阿弥陀仏に救われた者には一切の苦になる障りはないから無碍の生活が出来るのだ。

一切のものから敬愛され、凡ての怨敵も畏服するのだと仰言っている。

阿弥陀仏の本願に勝るもなければ、弥陀の本願をさまたげるもないからである。

こんな素晴らしい偉大な救いにあずかって、ハッキリしない筈がない。

ハッキリこの境地が味えないのは未だ大信海に入っていないのだ。

まだ救われていないのだ。

明信仏智ではないか。

されば蓮如上人も

他力の信心ということをば今すでに獲たり。今こそ明らかに知られたり」

と仰言っている通りである。

 泣いても笑っても真実の道は一本キリだ。

ハッキリするまで求めぬこう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント