親鸞聖人を汚す倉石暴言

以前、2月6日の閣議後記者団を前にして、倉石前農林大臣が
「日本の憲法は国の安全について他力本願のバカバカしい憲法だ。親鸞の他力本願ではダメだ。自力本願でなければならぬ」
と暴言を吐いた。

 これに対して野党は平和憲法を無視するものとして一斉に審議拒否に出たが、東西本願寺も今度は漸く腰をあげて
「かかる発言は他力本願の教義をはき違えたものであり、親鸞聖人を汚すものである」
と厳重抗議したと新聞は報じている。

 大衆に誤解曲解されている仏教の聖語はたくさんあるが、この他力本願の聖語は最も誤解せられている仏語の一つである。
故に親鸞学徒は、その正しい意味を明らかにする為に幾度も努力を重ねて来たことは皆さん周知の通りである。

誤った他力本願

 他力本願と聞くとすぐに他人の褌で相撲をとることのように考えたり、他人の提灯で明をみることのように考える者が多い。
力のないものが力のある者に依存すること、助けて貰うことだ位いに思っているのであろう。
そこで、そんな意気地なしではダメだ。
自力本願でなければならぬ。
他人にたよっているようでは、イザという時には間に合わぬ、自分の力で独立し自分の力を蓄積しなければならぬということになる。
今度の倉石暴言も
「いつまでもアメリカに日本の安全を守って貫わねばならぬようなことではダメだ。日本自身で日本を守る力を持たねばダメだ」
と言いたかったのであろう。それを言わんとして彼は
「親鸞の他力本願ではダメだ。自力本願でなければならぬ」
ととんでもないことを放言してしまったのである。
いかに軽卒至極な人間が大臣になっているかということと、いかに彼らは仏教に対して無知蒙昧であるかを白日のもとにさらけ出した一幕であった。
普通一般の常識ぐらいは持ち合わせていなければならぬ大臣にしてかくの如き有様であるから一般大衆はおしてしるべきである。
言葉の使用を生命とする新聞記者の中にも時々「他力本願ではダメだ」などと書く馬鹿者がいることによっても判ることである。

ものたらない本願寺の抗議

 ところが、かかる暴言に厳重抗議している東西本願寺も「他力本願とは、こんなことなのだ」という明確な解答を示していない。
ただ新聞には「暴言だ」「親鸞聖人を汚す」「教義をはき違えたものだ」とわめいているだけで、正しい他力本願の意味を発表しておらないのはどんなわけであろうか。

 あのような抗議の仕方では大衆は納得しないであろう。


 それでは他力本願という言葉の正しい意味は何か。
明らかにしておこう。
「他力というは阿弥陀仏の本願力これなり」
と親鸞聖人が明言なされている通り、他力とは阿弥陀如来の威大なお力のみをいうのである。
他力という語源は仏教なのであるから、仏教で使う意味でこの言葉は使用されるのが当然である。
しかも「他力本願」という言葉は釈尊の極意、親鸞聖人の教義を表わす最も重要な言葉の一つであるから尚更、軽卒な使用は許されない。
勿論、公の場処で責任ある者の使用すべき言葉ではないのである。

 では阿弥陀如来の威大なお力(他力)とは、どんなお力なのか。
ブッダは「われのこの世に出世した目的はこの阿弥陀仏の威神力を教えんが為であったのだ」と仰せられ
「阿弥陀仏には一切の人々をして抜苦与楽せしめるお力があるのだ」
と御教示になっている。

抜苦与楽の働き
 一切の人々は苦しみ悩んでいるそれは科学や医学やその他の文明の進歩とは関係なく生死の苦海は果てしなく続いていると仰言って人生は苦なりと喝破せられている。それが真理であることは我々の周囲を眺めれば明らかである。

また自己自身を反省しても明白である。
この一切の人々の苦悩を抜きとる力を持っていられるのは阿弥陀仏以外にないのだとも釈尊は教えておられる。
そしてこの阿弥陀仏の威大なお力を他力といい抜苦与楽の働きと教えられた。
即ち苦しみ悩みをぬきとって真の楽しみ本当の幸福を与えて下さる力。
これの出来るのは阿弥陀仏一仏しかないのだと説かれている。
わが親鸞聖人は、この釈尊の教法を、そのまま体験し伝授せられて他力本願によらなければすべて一切の人々は絶対に助からないのだと一向専念阿弥陀仏と叫びつづけてゆかれたのである。

 だから他力本願とは阿弥陀仏のお力のみをいい、そのお力とは我々凡ての人々の苦悩を断ち切り日本晴れの大安心の生活の出来るようにして下される唯一絶対のお力であり、すべての人々を絶対の幸福に出来る最尊無二のお力をいうのである。
故に、阿弥陀仏以外の一切のものを断じて他力とか、他力本願とはいってはならないのである。
今度の倉石暴言を縁として、他力本願の正しい意味を、一人でも多くの人々に知って頂く勝縁としようではないか。
これが親鸞学徒の聖使命なのである。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント