信前の人に称名念仏を勧められた親鸞聖人の御和讃

信心の人におとらじと

疑心自力の行者も

如来大悲の恩を知り

称名念仏はげむべし

という親鸞聖人の御和讃がありますが、これは信心決定しておらない人にも

念仏称えることをすすめられた和讃ではないでしょうか。



確かに「正像末和讃」の中にあなたが示された和讃があります。

この親鸞聖人の御和讃をよく信心決定しておらない人に念仏はげめと聖人が教えすすめられたものだと誤解する人がいますが、

「信心の人におとらじと疑心自力の行者も、称名念仏はげむべし」

と仰言っているのならば、そのようになるかも知れませんが、

聖人は「如来大悲の恩を知り、称名念仏はげむべし」と仰言っていることに特に気をつけなければなりません。


「如来大悲の恩」というのは阿弥陀仏の大恩のことです。

阿弥陀如来が私一人を助け救わんが為に御苦労して下された、

本願を建立して下された御恩のことですが、

この阿弥陀仏の洪恩は救われた人(信心決定した人)でなければ絶対に知らされることはできません。


歎異抄であれば

「弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずればひとえに親鸞一人が為なり」(歎異抄

と知らされた時が救われた時なのでありますから……。


如来大悲の恩は信心決定しなければ絶対知ることが出来ないものであることは

親鸞聖人が同じ正像末和讃にハッキリと教えていられます。

即ち

釈迦弥陀の慈悲よりぞ

願作仏心はえしめたる

信心の智慧にいりてこそ

仏恩報ずる身とはなれ

と大変明らかです。


この和讃の意味は、真実の信心は釈迦と阿弥陀仏のおかげによって獲得させて頂けるものだということを教え、

「その真実の信心決定したものだけが阿弥陀仏、釈迦の御恩を知り、その御恩に報いずにおれないようになるのだ」

ということです。


だから信心決定しない人は絶対に

「如来大悲の恩を知る」

ことはできないのです。


聖人が「早く如来大悲の恩を知れ」

とおすすめになっているのは

早く信心決定せよということと同じなのです。


さればあなたの示された和讃も

「真実の信心決定の人に敗けないように疑心自力の行者も、早く信心決定して称名念仏はげむべし」

ということですから、やはり信心正因の教えを聖人はすすめていられる和讃です。


「称名念仏はげむべし」と仰言ったのは信心決定して御因報謝の念仏をはげんで称えよとおすすめになったもので、

その心は蓮如上人が

「かくの如く信心決定しての上には、ねてもさめても命のあらんかぎりは称名念仏申すべきものなり」

御文章におすすめになっているのと同じ心です。


断じて念仏さえ称えていれば助かるのだと教えられたものではありません。

浄土真宗の法話聴聞して救われるのです。

よくよく間違いのないように領解して下さい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント