「天上天下唯我独尊」とは

ブッダは誕生なされた時に「天上天下唯我独尊」と言われたそうですが、
仏教は、そのような独尊的な教えなのでしょうか。

 大変、世間一般に誤解されている仏教の言葉です。
確かに、釈尊が誕生された時に、天と地を指さゝれて「天上天下唯我独尊」と叫ばれたと記録されています。
 これを多くの人々は
「この世で一番、偉くて尊いものは自分一人である」
と釈尊が威張られたことのように思って、大変、うぬぼれた言葉のようにあつかっています。

 しかし、この「天上天下唯我独尊」という心は決して、そのような思いあがった心で仰言ったものではないのです。
この「我」というのは決して、釈尊だけのことを仰言ったものではなく、人間一人一人のことなのです。
だから、人間誰しも、釈尊と同じように「天上天下唯我独尊」なのであり、またそういえるのです。

では「独尊」とはどういうことかといいますと、
たった一つの尊い使命ということで、
決して自分一人が偉いのだということではありません。

 ですから、「天上天下唯我独尊」ということは、我々人間には、天上天下広しと錐も、たった一つしかない聖なる使命を果すべく、この世へ生れて来たのだということなのです。

 釈尊のこの世へ生れられた、たった一つの使命は浄土真宗の勤行で朝晩拝読する『正信偈』に
如来、世に興出したまう所以は、唯、弥陀の本願海を説かんが為なり」(正信偈
親鸞聖人が道破されているように、すべての人々を絶対の幸福に必ずしてみせると誓われた無上殊勝の阿弥陀如来の本願一つを説くことにありました。
 この世界広しと難も、唯一無二の阿弥陀如来の本願を説くという、たった一つの尊い使命を担って、我は、生れて来たのだという釈尊の使命感が、「天上天下唯我独尊」という格調高き宣言となったのです。
 釈尊は、このように弥陀の本願を説くという、たった一つの聖使命を唯我独尊と仰言いましたが、一切の人々は、生きる意味を何と心得ているのでしょうか。
これが明らかに自覚されていない人は決して「天上天下唯我独尊」ということは出来ません。
その資格がないからです。
「人身受け難し、今すでに受く。
 仏法聞き難し、今すでに聞く。
 この身、今生において度せずんば、更に何れの生に向ってか、この身を度せん。
 大衆もろともに、至心に三宝に帰依し奉るべし」
 の法語の示す如く、一切の人々の唯一の使命は、阿弥陀如来の本願を聞信して、人生究極の生きる目的である絶対の幸福を獲得(体験)することにあることは明らかであります。

 この使命を知り、この使命に向って全力をあげ、この使命を成就した時にこそ凡ての人々が、天と地に向って、
「天上天下唯我独尊」と絶叫せずにおれなくなるのです。
 これを機縁に我々の生きる聖なる目的について深く考えてみようではありませんか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント