信行両座の諍論とは(三大諍論)信心か念仏か

親鸞聖人法然上人の御弟子であった時に、
その法友達と三度も激しい諍論をなされたということを、しばしばお聞きしますが、
どんなことで諍論なされたのでしょうか。

第三の親鸞聖人の諍論は信行両座の諍論といわれているものです。
これは、折角聖道自力仏教方便であることを知らされて多生にもあい難い阿弥陀如来の本願に遇い、同じく阿弥陀如来一仏を礼拝恭敬し、念仏を称えていても、その称えている念仏に真と仮があることを知らないで、念仏さえ称えておれば、やがて助けて貰えるのだと思っていた法友達に、自覚の警鐘を乱打されたのが、この信行両座の諍論となったのです。

 ある時、親鸞聖人が
「お師匠さま、親鸞はどんな不思議な宿縁がございましてか、お師匠さまにあわせて頂き、聖道自力の方便の仏教から離れ、釈迦出世の本懐である弥陀の本願に値せて頂き、絶対の幸せ者にさせて頂きました。
これ偏えにお師匠さまの御恩のたまもの、我身の幸福は何ものにも比べようがございません。
その上、三百八十余人もの法友に恵まれ、共に朝夕尊い御教導を頂いております。

袖ふれ合うも多生の縁と言われますが、なんと因縁の深い懐しい方々でございましょうか。

それにつけてもお師匠さま、この世だけの友達では情けのうございます。
あまたある法友の中で真に現当二益の絶対の幸福を得て、未来永遠に平等の真証を得らるる方が何人位あるだろうかと案じられてなりません。
お許し頂ければ、この親鸞、皆さんの信心を確めとうございますが、いかがなものでございましょうか」
法然上人の御前に手をつかれました。

「親鸞、そなたもそのことを案じ煩っていたのか。
この法然も常に心にかゝっていたことだ。
しかし信心は心の問題だから仲々表面だけでは判断が難しいが、どのようにして確めようとするのか」
と尋ねられた時、わが聖人は、さも満足そうに
「私に一つの名案がございます。私にまかせて頂けましょうか」

「結構なことだ。それこそ本当の友情というもの。
 そなたの思う通りにやってみられるがよかろう」

心よく許しを得られた親鸞聖人は早速「信不退の座」と「行不退の座」を設定なされ、三百八十余人の法友を集めて、厳かに申されました。

「本日は御師法然上人の認可を頂き皆さんに是非お尋ねしたきことがございます。
ごらんの通り、今こゝに、行不退の座と信不退の座を設置致しました。
いずれなりとも各自の信念にもとずかれてお入り下さい」と仰言いました。

 不退とは絶対の幸福のことですから、その絶対の幸福になるには行(念仏)でなれるのか、はた又信(信心)でなれるのかという問題が、行不退か、信不退かということなのです。

 釈迦出世の本懐、十方衆生の救われる唯一無二の弥陀の本願は、念仏称えれば助けるという誓なのか、信心一つで救うという誓なのか。
親鸞聖人の投じられたこの問題は法然門下三百八十余人を驚かせ、戸惑いさせる大問題であったのです。

 すでに本願には至心、信楽、欲生の信心と、乃至十念の念仏が誓われていますし、法然上人は『選択集』に
「弥陀如来、法蔵比丘の昔、平等の慈悲に催されて普く一切を摂せんが為に造像起塔などの譜行をもって往生の本願となさず。
ただ称名念仏の一行を以ってその本願となすなり」
また、「名を称うれば必ず生まることを得、仏の本願に依るが故に」とあります。
これらの御文が彼らの脳裏をかけめぐったことは想像に難くありません。
そして、何を今更、信行両座に分ける必要があろう、念仏(行)に限ると心中叫んだことでありましょう。

 果してその実、決然として信不退の座についた者は信空上人と聖覚法印と熊谷蓮生房の三人しかいなかったのです。
その他の三百八十余人は、その去就に迷い判断に苦しみ一言ものぶる人がなかったと『御伝鈔』にはかいてあります。
覚如上人は、「これおそらくは自力の迷心に拘わりて金剛の真心に昏きが致すところか」
と喝破なされていますが、まことにそのものズバリであります。

やがて、親鸞聖人も自名を記されて信不退の座に進まれたのは当然至極のことであります。

かくて最後に三百八十余人、注視の中に
「法然も信不退の座につきましょう」
と法然上人も、また信不退の座につかれました。

「その時、門葉あるいは屈敬の気をあらわし、あるいは欝悔の色をふくめり」
と『御伝鈔』に書いてありますように、一応は驚いてへり下りはしましたが、それは自分らの信心の不徹底さを懺悔してのことではなく
「よくも御師匠さまの前で大恥かかしてくれたな」
という聖人に対する憤おりの後悔であったのです。
これが原因で、親鸞聖人は法友から、ごとごとく白眼視され、遂には背師自立の恩知らずと罵倒されるようにまでなったのであります。

 背師自立の攻撃も孤立無援も覚悟の上で、聖人は何故に三百八十余人の法然門下の中に信行両座を別けられねばならなかったのか。
いくたびも廃立を先として信心正因を明示されても、行に迷い信に惑い易き人々は、またしても念仏に腰を据えようとするのです

昿劫流転の自力の親玉が最後に逃げ込む牙城がこの念仏なのです。

 故に、これは決して七百年以前の法然門下に於てのみあった戦いではありません。
現今の浄土真宗の中に於ても、信行両座の戦いは絶えず繰り返され、それは龍華の御代まで続くことを覚悟しなければなりません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント