聞即信とはどういうことか

浄土真宗の御法話に、よく聞即信という言葉が使用されますがどんなことでしょうか。


 お尋ねの聞即信という言葉は阿弥陀仏が我々を絶対の幸福に救済して下される時のことを表わす言葉で、浄土真宗にとっては大変大切な言葉です

阿弥陀仏のお誓いは「聞其名号信心歓喜」とありますように、聞いて信ずる者を助けるという御約束ですから、聞くということが、阿弥陀仏に救われるに最も大切なことなのです。

故に、親鸞聖人も蓮如上人も

「仏法は聴聞に極まる」

とまで喝破なされています。

すでに聴聞といわれていますように、聴もきく、聞もきくということですが、仏法では聴というきき方と、聞というきき方とを厳然と区別されていることをよくよく承知していなければなりません。


 まず、聴というきき方は、ただ耳から仏法をきいて頭で合点しているようなきき方を言います。

2+2は4、4+4は8、というようにきいて納得している状態をいいます。

庄松同行が「合点ゆかずば合点ゆくまできゝなされ、きけば合点のゆく教え、合点したのは信ではないぞ、それは知ったの覚えたの」

と言っていますが、そのようなきき方を聴といいます。こんな聴のきき方はいくらでも出来ますが、いくらこのようなきき方をしていても阿弥陀仏の救いにはあわれません。

「聴聞ということをば何と心得られて候やらん。

ただ耳にききたるばかりは聴聞にてはなく候。その故は千万のことを耳にきき候とも、

信を獲候わずば、きかぬにてあるべく候。

信を獲候わずは報土往生かなうまじく候」

と蓮如上人仰せになっておられるのは、このことなのです。

耳にいくら千座万座の法話をきいてもそれでは聴のきき方ですから助からないのです。


 では聞というのはどんなきき方かと申しますと心のドン底へ、阿弥陀仏のジカの声が響ききこえるきき方をいいます。

聴は上部の心が善知識の御教化をきいて合点して納得して有難がっているきき方ですが、

聞は下の心のドン底に、阿弥陀仏の呼び声がきこえた時のきき方をいうのです。

だから聴は何回でもありますが、聞というきき方は、たった一度キリしかありません。

聖人はこれを「廻心ということ一期にただ一度あるべし」と仰言っています。

その一度もある人で一度であって、ない人が殆どであります。

この阿弥陀仏の御声が心のドン底へ、ジカに聞えた一念で大安心大満足の境地におどり出させて頂きますから、この時を聞即信というのです。

即という字は時をへだてず、処をもへだてずということですから、阿弥陀仏の呼び声が聞えた、その時、その処で、信心歓喜と大安心し、絶対の幸福にさせて頂けるということが聞即信といわれるのです。

庄松同行はこれを「合点せよとは口では云えど、不思議不思議の外はない」と呼んでいます。

六連島のおかる同行は、

「たった一声、聞いたのが、その一声が千人力、四の五の言うたは昔のことよ、そのまま来いの勅命に、いかなるおかるも頭が下がる」

とおどり上って喜んでいます。


 この驚天動地の一念の体験を聞即信というのですから、この阿弥陀仏の御声をジカに聞くまで、聞きぬきましょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント