2020年の浄土真宗

偉大なる足跡を残して、浄土真宗は2020年の春を迎えた。

この一年、ますます忙しく、親鸞学徒は浄土真宗の法話を迫られるだろう。

経済的には豊かになったけれども、めまぐるしく移り変る社会環境の変化に、大衆は自己を見つめる間もなく、しのぎを削っている。

この疲れきった大衆の心を癒しきれるものは親鸞聖人の教えより他にない。

五欲に溺れた大衆には、もう弥勒菩薩を待つ余裕はない。

真実を知った親鸞学徒の責任において、浄土真宗は、甘露の泉、ここにあることを全国津々浦々に響きわたらせなければならない。

大衆に真実の活を入れんが為に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント