人生の目的、絶対の幸福とは

人生究極の目的は絶対の幸福だと言われますが、絶対の幸福とはどんな幸福を言うのでしょうか。
また親鸞聖人はどこにそんなことを仰言っていられるのでしょうか。

仏教では幸せと言われるものを二つに分けます。
一つは相対的幸福と言わるべきものと、絶対の幸福と言われるものです。
 相対的幸福とは、一時的な喜びや満足をいい、やがては必ず壊れたり、悲しみや苦しみに転化する幸福を言うのです。
例えば、好きな人と結婚できた喜びとか、願っていたマイホームが新築できた満足とか、平和な家庭の団欒のなごやかさとか、普通一般のすべての人々が求めている生きがいの喜びと言われているものです。
このようなものは断じて永続するものではありませんし、やがて必ず亡びる幸福です。
どんなに素晴しい人と結婚しても相手が何時病に倒れるやら死ぬやら判りません。
また変心して不仲になり破鏡の憂目にあい骨肉相喰む争いをせねばならないかも判りません。
世間に未亡人となって苦しんでいる人、妻を失って悲歎している人、裏切られて激怒している人が、あふれているのを見ても、それは明らかなことです。
 また生涯の汗と油で新築した家が一夜の中に灰になって悲泣している人もあり、昨日まで一家和楽の家庭も今日は交通事故や災害で地獄の悲惨を味っている人もたくさんあります。
これらの幸福は今日あって明日なき無常の幸福ですから常に壊れはしないかという不安がつきまとっていますから本質的に言っても真の幸福とは言えないのです。
たとえ大過なく続いたとしても臨終を迎え死に直面すればたちまち総くずれになること必定です。
しかも私達は死の運命を遁がれることはできませんから、このような幸福で心から満足や安心ができる筈はないのです。
死の前に立たされた時、金や名誉や地位や財産が何の喜びになり満足を与えてくれるでしょうか。
 たとえ求まったにしても真の満足も安心もできないこれらの幸福を求めてすべての人々は今日もあくせく苦しみ悶えておるのです。
 これはすべての人々は絶対の幸福があるということを知らないからです。
しかも、この絶対の幸福は阿弥陀如来の本願によって誰しもなれるのだと言うことも知らないからなのです。
そしてこの絶対の幸福がすべての人々の生きる究極の目的であることも知らないのです。

 では絶対の幸福とは何か、結論を急ぎましょう。
 この場合、絶対というのは、無上、最高不二という意味と、どんな事態が起きても壊われない無碍の安心満足喜びということです。
最悪死に直面しても変らぬ安心満足の境地をいうのです。
死に直面しても変らないものならばその他の障害によって動乱することは毛頭ありませんからいつでもどこでも満足一杯喜び一杯安心し切って明るい生活ができるようになり人生の醍醐味を心ゆくまで味うことができるようになるのです。
そんな絶対の幸福なんてあるものか、という人は本師本仏の阿弥陀仏の本願の妙法を知らないのです。
知っていても体得していないのです。

 親鸞聖人はこの絶対の幸福を体得せられて、
「正定聚に入る」とか「不退転に住する」とか歎異抄には「無碍の一道」と仰言っています。
「大悲の願船に乗じて光明の広海に浮びぬれば至徳の風静かに衆禍の波転ず」(教行信証
は、その境地を喝破なされたものです。
また「念仏者は無碍の一道なり。その故は天神地祗も敬服し魔界外道も障碍することなし」(歎異鈔
「有漏の穢身はかわらねど、心は浄土に遊ぶなり」(和讃)
と仰言っているのもこの絶対の幸福のあることの一大宣言です。
 しかもこの絶対の幸福は弥陀の本願を聞信するという一筋道を辿って到達できるのだと
「たとえ大千世界にみてらん火をもすぎゆきて、仏のみ名を聞く人は、永く不退にかなうなり」
と断言なされていることも申し上げておきましょう。
ですから浄土真宗の法話を聞くことが重要なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント