東京砂漠に真実の法灯点さる(四聖諦)

 東京の空はどんよりと暗い「山や田園の朝」を思う私にはもう八時だというのに、何だか明けきらぬ感がした。これもスモッグのせいだろうか。  午前九時半、東京で始めての浄土真宗の御法話会場である渋谷区元代々木町の応慶会館は遠くは熊本、四国、そして千葉、神奈川、八王子市、都内各区、横浜、富山、福井、滋賀から集まった人々で満員である。 当に首…
コメント:0

続きを読むread more