人間性の回復とは(幸せとは何か)

「2020年は人間性回復の年である」
と年頭に述べた会社の社長がかなり多かったと聞くが、果して本当に「人間性回復」の手立てができているのだろうか、言葉だけはあっても、その実、ないのではなかろうかと思うのである。

 そんな折、正月元旦、テレビのモーニングショーで
幸せとは何か」
というテーマで各界を代表する有識者が討論しておりました。
人間性回復目指す意義ある番組と思ったのも束の間、その内容たるや、おそまつ千万、

「幸福とは、その時その時の世代に乗り遅れない事、つまり一時の流行であれ、一つ一つ満していくことである」
と軽卒にいうある大臣、
「女の幸福は男がつくりだすもの、女だけで幸せになれない」
と無責任な言葉を吐く大学教授、
「我々は生きているのではなく、生かされているのです。それに感謝していくことこそが幸福です」
とウソぶく著名な僧侶等々………全くそこらの小学生を思わせる討論でしかなかった。

 全ての人が心より求めている幸福に対し、日本の第一線で活躍している人達がこんな程度の結論しか出し得ない状態の中で、会社の社長はどのようにして社員の人間性を回復しようと言うのか、所詮昨年のくり返しで終ってしまいそうである。

 ここに精神の大革命、信心決定せぬかぎり真の人間性の回復、真の幸福は毛頭あり得ない事は自明の理である。

 されば阿弥陀如来の本願に生きる親鸞学徒こそが、会社の社長、各界の有識者は言うに及ばず、全人類に対して人間性回復べの道を自信一杯に叫べる第一人者であります。

 親鸞学徒の諸君!
新年にあたりこの大自覚を新たにして真実開顕に驀進し、信心獲得の大願を今年こそ成就し、真の人間性を回復しようではありませんか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント