浄土真宗の掟とは

蓮如上人が『御文章』に、しばしば「」ということを仰言っています。
また『領解文』の最後にも
「この上は定めおかせらるる御掟一期をかぎり守り申すべく候」
と私達は誓約しておりますが、浄土真宗の「おきて」とは、如何なることでしょうか。

このような質問を非常によく頂きます。
それだけ『御文章』に親しんでいられる人が多いということで誠に結構なことでありますが、この「」だけは、今日、浄土真宗発展の大きな障害になっていることを悲しまざるを得ません。

「掟」とは守るべく定められた規則という意味ですが『御文章』五帖を通読されればお判りのように至るところに
「他宗他門の人に沙汰すべからず」とか
「牛盗人といわるるとも仏法者の振舞すべからず」とか
「内心に他力の信心を深くたくわえて外相にあらわすべからず」とか
「諸法諸宗ともにこれを誹謗すべからず」とか
神社をからしむることあるべからず」とか
「守護、地頭を疎略にすべからず」とか
いわれているものです。

 浄土真宗の道俗は、これらの掟を自分の御都合主義に受けとり、自分さえ喜んでおればよいのだと我利々々亡者になり、
「他力の信をえん人は
 仏恩報ぜん為にとて
 如来二種の回向を
 十方に等しくひろむべし」
親鸞聖人の至上命令を忘れ、正法宣布を怠り、それどころか生命がけで破邪顕正に挺身し真実の仏教を開顕する者を
「あれはきょう慢じゃ」
「あれは邪見じゃ」
「あんなにまで破邪しなくてもよいのに」
と消極的、退嬰的、無気力になったばりではなく、法謗の大罪を平気で犯すようになってしまいました。
真宗衰滅の原因の一つが、ここにあることを我々はよくよく知らなければなりません。

 確かに『御文章』には、そのように誤解されても仕方のないようなところがありますが、これは当時の浄土真宗をとりまく時代背景を知らないところからおきて来るのです。

 蓮如上人当時は真宗に対する世間の風当りは猛烈を極めました。
蓮如上人や真宗門徒に対する迫害の激しかったことは興福寺にある記録などをみても明らかです。
 蓮如上人は何回も寺を焼き打ちせられていますし、真宗にウラミを持つ他宗の暴徒達が真宗の家を破壊して主人を呼び出し拷問し、今日は何軒こわしたという風に記録されている程で、今日想像もできぬ乱暴が真実の仏法者に加えられていたのです。
 そこで見るに見かねられた蓮如上人が止むを得ず一時、あのような掟を作って、門徒信者の人々の生活を守らなければならないという事情があったのです。
 このような時代背景を知らないで『御文章』を読むと生命がけで破邪顕正せよと御勧化なされた親鸞聖人や覚如上人の御意と反するように思われます。

親鸞聖人は恩徳讃
「如来大悲の恩徳は
 身を粉にしても報ずべし
 師主知識の恩徳も
 骨を砕きても謝すべし」
と仰せられ
『唯信鈔文意』には
「田舎の人々の文字の心も知らず、あさましき愚痴きわまりなき故に、やすと必得させんとて同じことを度々とりかえしとりかえし書きつけたり。
心あらん人はおかしく思うべし。
あざけりを為すべし。
然れども大方の謗りを省ず一筋に愚かなるものを心得やすからんとて記せるなり」
と正法宣布の止むにやまれぬ心情を述べていられます。

 蓮如上人の御意も決して親鸞聖人と反するものではないことは明らかなことです。
その証拠は『御一代記聞書』には
「自信教人信と候時は、先ず我が信心決定して、人にも教えて仏恩になる」とか
「まことに一人なりとも信をとるべきならば身を捨てよ」とか
「専修正行の繁昌は遺弟の念力より成ず」
あげれば枚挙にいとまがありません。

 されば今日では『御文章』に示されたような掟は浄土真宗には不必要どころが障害となっておりますから捨てねばなりませんが、
親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人のように身命を賭して浄土真宗の法話聴聞し、信心獲得して破邪顕正、正法弘通に全力をあげることこそ
浄土真宗の我等にとって変わらざる掟というべきでありましょう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント