阿弥陀仏に救われた思い

 来る年も来る年も、金銭を求めて苦しんでいる。 どれだけ得れば満足するのか。 名誉を追うてあせっている。 どこまで登れば安心できるのか。 財産を望み、色を漁り衣食住の満足を願って365日、狂い廻っているのが私の実相だ。 無限の欲望は一村、一国、世界にひろがってゆく。  咲き誇った花も必ず散らねばならぬ時が来るように、集め…
コメント:0

続きを読むread more