歎異抄を勉強するならこのサイト

『歎異抄』というのは、浄土真宗の親鸞聖人のお言葉を、お弟子の唯円が書き残した本です。
大変美しい文章で書かれていることで有名で、三代古典の一つです。
三代古典というのは、徒然草、方丈記、歎異抄です。

日本で最も読まれている仏教書といわれ、多くの人に知られていますが、
誤解を生みやすいところが多く、江戸時代までは、教団の奥深くに眠る禁書でした。

ところが明治時代の学者が、発見して紹介して以来、
多くの文学者や哲学者が絶賛し、
今では、「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」
の悪人正機で知られる、思想書とされています。

この『歎異抄』を読んで見たいという人はたくさんいるのですが、
理解が難しいために、なかなか分かりません。

もし分かっても、
下手に理解すると、反対の意味になって、
自分も他人も傷つけ苦しめることになります。

ではどうすれば歎異抄を正しく学べるのかというと、
オススメなのは、
歎異抄.comというサイトです。

ここなら解説が正確である上に、
分かりやすく理解できます。
ぜひ訪れてみるといいでしょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント