全国真宗青年の集い

“全国真宗青年の集い”──これは西本願寺の青年組織である仏教青年連盟(仏青)が
年に一度催す集まりである。
以前、その石川大会が開かれた。

仏青に将来を託している西本願寺当局は門主を筆頭に総動員かけて、
1300名余りの青年を一同に金沢市の観光会館、
そして能登の、励志館に集めたが、
大会そのものは道徳倫理の域を出ない仏青会員の作文発表会、
ゲストの人生の体験発表、演芸会と極めて低調。
こうある事は予想はしていたもののあらためて斜陽、
本願寺の実態を目のあたりに見たようである。

その上、仏青の活動家自身がこんな大会にさほど不審も抱かず、
「とにかく見知らぬ多くの仲間と話し合えるという事、それだけで十分に大会に参加した意義がある」
と答えたり、
「仏青活動は、聖人の教えを学ぶことよりまず友を自分の回りに増やす事である」
とまじめに語る女子仏青会員や、
「この大会のよさは、一度や二度の参加で味わえるものじゃないよ。
何回と参加するうちに、参加してよかったと判ってくるものだよ」
とウソぶく坊主など、当に本願寺の無安心がそのまま大会に反映されているようであった。

「何だか活気がないわ」
「目的がハツキリしてないな」
「若々しさがないね」
という不平組が出たのも当然である。

いよいよ浄土真宗の教えを伝える親鸞学徒の使命の重大さを痛感させられた集いであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント