火の如き執念を持て

元横綱若乃花は 「稽古をする者としない者は、はいている下駄を見れば一目で判る」 と言うが、相撲の稽古では足の親指に力が入る。 それが習慣となって、下駄をはいても親指に力が入るから、その部分がへこんでくるのである。 又「タタミの上も土の上も同じ」 であり、「使い走りも稽古のうち」であると若乃花は断言するが、その言い方に徹底し…
コメント:0

続きを読むread more

なぜ浄土真宗の中で法論が起きるのか

同じ浄土真宗でありながら、派が分かれ、教義論争が起きたりもしています。 和気あいあいでお互い手を取り合って 親鸞聖人の教えを明らかにすることはできないのでしょうか。 そういう意見も一応ごもっともなことに思われますが、 現在の本願寺はじめ真宗十派がいかに親鸞聖人や蓮如上人の教えに反し、 浄土真宗の教えと異なるかを知らないから…
コメント:0

続きを読むread more

聞法の秋

秋がきた。 そろそろ求道にもアキが来て足を出している人を見かける。 「なかなか難しいねえ」 「阿弥陀様はどこをむいておられるのか」 ああ!後生の一大事を何と心得ているのだろう。 心なき畜生でさえも、家の大事となれば命を捨てるのに、我々は一日として寝食を忘れ、命を投げ出して仏法を求めたことがあるだろうか。 くる日もくる日も…
コメント:0

続きを読むread more

仏教で「知識」とは(仏教用語)

 普通知識と言えば、色々な物事に対して知っていることがら、 あるいは、事物に関するはっきりした認識、と理解されている。 そして学問、教養のある人々を知識人とか知識階級とよんだりしている。  しかし仏教で使う場合は全く意を異にする。 我々に仏の教えを説き聞かせてくださる人を仏教では、知識と言う。 現代的に言えば仏教の指導者の…
コメント:0

続きを読むread more

ゆとりのある態度

 明治以来欧米の風潮文物が渡来し、いかなることも皆欧米一辺倒となった。 現代日本の経済成長も建築の素晴らしさも、 そして日々訪れる我々身辺の多忙さもこれすべて欧米の様相かと思われるのである。 われわれにとってはどうしても一日48時間は欲しい。 体が3つ程欲しい。 これも欧米並みか?と思われるのだが…。  ところが最近西欧…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人と謎の女性との出会い

親鸞聖人が、比叡山でご修行なされていた時、 どうしても後生の一大事が解決できず、一度下山して恩師の慈鎮和尚を訪ねた帰りのことである。 「親鸞様、お待ち下さいませ」 と女性に声をかけられた。 親鸞聖人が、 「何か私に用がおありですか」 と振り向かれれると 「これからどちらへ?」 と尋ねる。 「私は山へ帰るところですが」 …
コメント:0

続きを読むread more

なぜ親殺しより法ぼう罪が重いのか

仏教では、親を殺す五逆罪よりも、仏教を謗る法謗罪の方が、より重罪だといわれますが、どうも私には腑におちません。 なぜでしょうか? 御不審まことにごもっとものことと思います。  世間一般では親を殺す(仏教ではこれを五逆罪といいます)ことは、 いわゆる尊属殺人としてかつて最も重い罪だということは常識になっているからです。 その…
コメント:0

続きを読むread more

長者窮子の譬喩・やるせない阿弥陀仏の御念力

 釈尊出世の目的は我々に阿弥陀仏を紹介する、このこと一つであった。 親鸞聖人はこれを正信偈の中に 「釈迦如来、この世に興出したもう所以は、唯、弥陀の本願海を説かんとなり」 とズバリ教えておられる。 ところが疑い深い我々は、本当に阿弥陀仏はおられるのか、どこにましますのだ。 という疑いがやまない。 そこで釈尊は、我々の目に…
コメント:0

続きを読むread more

全国真宗青年の集い

“全国真宗青年の集い”──これは西本願寺の青年組織である仏教青年連盟(仏青)が 年に一度催す集まりである。 以前、その石川大会が開かれた。 仏青に将来を託している西本願寺当局は門主を筆頭に総動員かけて、 1300名余りの青年を一同に金沢市の観光会館、 そして能登の、励志館に集めたが、 大会そのものは道徳倫理の域を出ない仏…
コメント:0

続きを読むread more