親鸞会が本願寺を非難攻撃する理由

親鸞会が本願寺を非難攻撃するのは本願寺が 浄土真宗の祖師、親鸞聖人の御教えをねじ曲げ破壊して 有縁の人々を無間の火城に突き堕しているからに外なりません。 その具体的実態を種々指摘して参りましたが、 更に糾弾しなければならぬ幾多の大切な問題があります。  そもそも親鸞聖人覚如上人、蓮如上人の御相伝なされた 唯一絶対の教…
コメント:0

続きを読むread more

なぜ破邪顕正に徹し切らないのか

 受け難き人身を受け、遇い難き善知識に遇わせて頂くほどの幸せは他にない事は今更いうまでもないが、 浄土真宗の門徒は果してどれほどその幸せを感じているだろうか。 親鸞聖人の血を吐く雄叫びにどれだけ相応しているだろうか。 「破邪顕正せざる者は仏弟子に非ず、仏の怨敵なり」(涅槃経) を金科玉条として真実開顕に挺身された親鸞聖人を絶…
コメント:0

続きを読むread more

平生業成の浄土真宗での本当の意味

平生とは臨終に対する言葉で平常の時をいい、業成とは業事成弁の略語であって、 往生の業因が完全に成立したことをいう。 すなわち、臨終の時節をまたず、平生信心獲得の一念に往生の業因が成就して将来浄土に往生することに定まったということである。  平生業成という語は覚如上人にはじまったといわれ、浄土真宗の骨格をなす最も大切な言葉の一つ…
コメント:0

続きを読むread more

不撓不屈の小野田寛郎さん

グアム島で発見された横井庄一さんが最後ではなかった。 今度はフイリピンのルバング島で元日本兵が見つかった。 小塚金七さんは不幸にして“戦死”したが傷つきながらも再びジャングルヘ逃げかえった 小野田寛郎さんは大がかりの捜索に何の反応も示さない。 小塚さんの遺品などからも戦争のおわったことは先刻承知のはず、 昼夜をとおしての肉…
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の往生とは

私達は日常生活の中で、よく往生という言葉を使う。 しかし、往生という言葉の正しい意味を知って使っている人は非常に少ない。 たとえば「昨目、山の中で自転車がパンクして往生したわい」とか 「うちのお婆ちゃん昨日往生しました」とかいう場合に、 往生という言葉を使っている。  往生を弱ったこととか、困ったとか、死んだことという…
コメント:0

続きを読むread more

法論と法難と

 その昔三日二夜を通して時の主上の面前で法然上人が、 浄土門の主張、衆生の根気、念仏の限りない御力を論じ尽されたといわれる大原問答は 今に人々に語り伝えられ、いいつがれている事は余りにも有名なことである。 いかに三塔の修業者も聖道門の専門家も、そこを通り越して、遂に撰択本願念仏の真髄にふれ、 凡機のまま救われた法然上人には火…
コメント:0

続きを読むread more

輪島の御陣乗太鼓

先日輪島の御陣乗太鼓を見る機会に恵まれた。 昔、海からやって来た敵に対し恐ろしい面をつけた男達が海辺で太鼓をたたき敵を追っ払ったそうだが、それが今も郷土芸能御陣乗太鼓として残されている。 その日もたい松の下で、七人の若者が恐ろしい面をつけて太鼓をたたいていた。 あたりに肌寒いまでの殺気を感じさせ、ひとつひとつの動きにそつがなく、細…
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗で法論が起きる理由(本願寺)

前々回の記事で、浄土真宗で法論が起きる一つの理由として 東西本願寺はじめ真宗十派は、 親鸞聖人や蓮如上人が御明示なされた御名号を御本尊とせず、 他流の者が好む木像を本尊として、公然と両聖人の御教示に違反し、 浄土真宗の教法をねじ曲げ破壊しているからだ ということを明らかにいたしました。  次に重大な本願寺の人々のあやまち…
コメント:0

続きを読むread more