平生業成の浄土真宗での本当の意味

平生とは臨終に対する言葉で平常の時をいい、業成とは業事成弁の略語であって、 往生の業因が完全に成立したことをいう。 すなわち、臨終の時節をまたず、平生信心獲得の一念に往生の業因が成就して将来浄土に往生することに定まったということである。  平生業成という語は覚如上人にはじまったといわれ、浄土真宗の骨格をなす最も大切な言葉の一つ…
コメント:0

続きを読むread more