無常の世界で不安をごまかしながら生きている?

火宅無常の世にありながら、その不安と矛盾をごまかして安易な座にすわりこもうとする私達に、その不安矛盾をごまかすことなく正視し、全く助かりようもない私達を真実の世界に目覚めさせる為に浄土真宗の法話に命をかけていらっしゃる親鸞会の先生の御姿に心の底から頭が下ります。 浄土真宗の法話を真剣に聴聞いたします。 何とぞ御体をくれぐれも大切に遊…
コメント:0

続きを読むread more

無常の虎が後ろに迫っているのに何をもたもたしているのだ

 この度は尊い御法莚に遇わせて頂き誠に有難うございました。 また尊い御礼状まで頂き涙しております。 先生におまかせ致しますと言って聴聞させて頂きました浄土真宗の御法話。 私一人と聞かせて頂きました。 見聞知の阿弥陀さまはお見通しでした。 無常の虎が後ろに迫って居るのに何をモタモタしているのだ。 人の事ではないぞ、誰に何と言わ…
コメント:0

続きを読むread more

心の底までお見ぬきでの御法話

この度は久々に御法話にあわせて頂きまして有難うございました。 愚かな私の心の底までお見ぬきで御法話下さる先生、 また青年部の方の体験談、身にしみて聴聞きせて頂きました。 誠に誠に有難うございました。 この上は一座一座が聞きおさめの覚悟で聴聞させて頂き、 勿体ないこの阿弥陀如来の御本願を家族一同に是非すすめられるよう 浄土真宗…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会の浄土真宗の法話で阿弥陀仏に救われました。

私は阿弥陀如来に救われました。 こんな私を完全に助けて下さいました。 この時の慶びは何といったらよいでしょう、ただ感謝と懺悔しかありません。 ああうれしいなア、うれしいなア、私一人の阿弥陀仏であったと叫けばずにはおれません。 阿弥陀仏の本願まことであった。絶対助からぬ奴が助かったのです。  親鸞会の浄土真宗の法話に嘘は…
コメント:0

続きを読むread more

汗びっしょりになって浄土真宗の御説法なさるお方

先日の本部報恩講に参詣させて頂き結構な浄土真宗の御法話に涙のかわくいとまがございませんでした。 何十年間お寺参りさせて頂きましたがこの寒空の季節に 汗びっしょりになって御説法なさるお方にお会いしたことはありません。 何とかして一人でも多く信心決定して頂きたいとの真実から流れる汗はとめどもなく、 その尊いお姿に私は泣かずにおれませんでした…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会の報恩講

親鸞会の先生、先日は盛大な報恩講に参詣させて頂き報恩講の意味を知らせて頂きました。 これからは親鸞聖人の御恩に報いる為に一日も早く信心決定して、 未だこの真実の仏法を知らない多くの人々に伝え教えてあげることだと 心に深く感じて帰らせて頂きました。 これからの浄土真宗の御法筵は一座一座生命をかけて最後の最後まで聞きぬかせて頂きます。 尚…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会の本部に行きます

高岡へ行き一年振りに浄土真宗の法話にて真実の仏法を聞き、私は何と幸せな男だろうかと思いました。 他人と比べて真実を知った喜びの大きさに改めて驚きます。 親鸞会の先生に始めてお会いした時にはどうしても求める気にはなれなかったのに 今どうして求めぬく気になったのか。 弟の死、婚約の解消、先生のお便りを読み一層みのりを求める心が大きく動いてい…
コメント:0

続きを読むread more

かるた大会

 回を追うごとに盛況を極めている楽しい行事、 「顕正かるた大会」を浄土真宗の法話の前日に実施いたします。  楽しみながら味える信心の妙味、われ先と競争しながら  後生の一大事が知らされるこのかるた大会、  各自今から腕をみがいて挙って参加致しましょう。 大無量寿経(無量寿経)に釈尊が「浄土には行き易くして人なし…
コメント:0

続きを読むread more

福井での浄土真宗の法話のお礼

先生、先日は福井での大熱弁まことに有難うございました。 待ちに待った浄土真宗の法座もはや済んで一週間もすぎました。 このおそろしい真実を先生より知らせて頂いてからは、 とても月日の流れが早いように感じられるのです。 この毎日が罪悪と無常においたてられているのに今まで何をのんきにおられたものぞと不思議です。 この悪のかた…
コメント:0

続きを読むread more

先生から病の中お手紙を頂きました

 先生、御病気の中を尊い御便り頂きまして誠に有難うございました。 胸が一杯で涙がこぼれました。 十分に御静養下されて、また元気なお姿でおきかせ下さい。 先生の代理として御講師は立派に浄土真宗の法話を一日つとめて下され、 お参りの方々も満足して帰られました。  先生の身を思う小川さんの努力を思う時、胸が一杯でした。 極…
コメント:0

続きを読むread more

ご病気の先生へのお便り

先生、その後こご病気はいかがでございましょうか。 日々御案じ申し上げて居ります。  親鸞会の先生の日々の御苦労を思いますと私一人の為にお掛け致すかと思うと、とてもたまりません。 私は先生から頂いた尊いお便り、老いと病と死の三人の天子のお便りを今受けておりながら 家を出る時は今度こそ聞いてくるぞ聞いてくるぞと参るのですが、 浄土真宗の御法…
コメント:0

続きを読むread more

絶対の幸福になった人のお見舞い状

絶対の幸福まで導いてくだされた先生が 病にたおれられたときのお見舞い状である。 御師匠様、旧夜連続の御化導が一時に疲れと成って身におそいかかり、 お休みとの事承り、衆生かわいいの先生のお心の内、 説いて下される、呼び続けて下される阿弥陀如来のお心の内、 寝てもさめても南無阿弥陀仏とはいえ、浄土真宗の法話で その六字の…
コメント:0

続きを読むread more

極善最上の仏心

岐阜の者です。 御心御誠溢るる尊き御葉書に接し有難く幾回も拝読し 御尊意の存する内容を味読し 小生心から悦びました。 障り多きに徳多し、極善最上の仏心に極悪最下の凡心あるが如く 八万四千の煩悩があるから八万四千の光明がある如く 万事両立対立が相対的実相のように一応考えられます。 いずれの一方でも完全に徹底した時、 …
コメント:0

続きを読むread more

救われた教学の歓喜と懺悔

先生過日は嬉しい嬉しい御法筵に遇わせて頂き、その上本当に久し振りにお話させて頂き有難うございました。 悪業つきぬ身は皆様の御親切に甘えてお参りさせて頂けるのでございます。 身の業報に倍加する法味、限りない現世の利益勿体なく感得させられます。 庄松同行の 「俺の胸にこたえん」 と同じく私もこたえん説教は世間話程も興味がなく、 …
コメント:0

続きを読むread more

家庭法話をして頂きました

この度は尊い浄土真宗の法話を聞かせんが為に 拙宅へ御出で下さいまして誠に有難とうございました。 また本日は私の胸底を鋭く御見抜き下された強い励ましの御言葉を賜り 何と御礼を申し上げてよいやら本当に有難とうございます。 最近の私は御法座へ出れば身体だけが座っているけれども 心は風船玉の様に浮草のようにふわふわうろうろしているし 家に戻…
コメント:0

続きを読むread more

妙好人からの手紙

妙好人の手紙である。 南無阿弥陀仏様 御師匠さまには御休息のいとまもなく御活躍の程がしのばれておいたわしゅ存じます。 南無阿弥陀仏と共に南無阿弥陀仏の御活躍、 説けども尽きぬこの六字の大功徳の広大さに暑さ位は吹きとんで 大満足の故に日夜衆生可愛いの心一杯で一切を憐愍下さっての日々、 いつもこの愚鈍な私にも味わわさせて…
コメント:0

続きを読むread more

敬老会に来て頂きたい

拝啓  この間の浄土真宗の法話では お暑いのに汗をふこうともなさらずに真実一杯をお説き下され誠に有難うございました。 お参りさせて頂く度毎に親鸞会の進展しているのに驚き、末たのもしく感謝に耐えません。 真実一路求めておられる青年部の方達の真心に午前午後にかけて涙の渇くいとまがありませんでした。 とりわけ一人娘を殺しただ親の懺悔の叫び「お…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会の百合の花

姿も清き百合の花  香りも高き百合の花 親鸞会の百合の花  青年部の百合の花 社会の嵐に折れず咲いた  親鸞会の百合の花 世界に増やせ親鸞会  姿も清き親鸞会 邪気の色なき正白で  香りも高き 青年部真実の御親有難や 南無阿弥陀仏    有難や
コメント:0

続きを読むread more

ウナギの供養

過日の土用の丑の日のことである。 ラジオの放送にウナギの供養をお寺でやるというのがあった。 ウナギを弔うというのか、難を逃れようというのかは知らないが、 ウナギであろうと人間であろうと亡者を対象とする仏教は存在しない。 お経をあげたことで全て解決なされたとすることは無知も甚しく仏教を冒涜するものである。 ウナギを殺した悪は業として残る…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞学徒の尊いお手紙

先生、お便り嬉しく受け取りました。 私は先生が便りは下さらんと思っていたので余計に嬉しかったのです。 私みたいな人間がどうして仏の縁にあったのでしょう。 私は今しみじみ宿緑を喜こんでいます。 昨年の八月に親鸞会の先生にあってから私の心は一時も忘れることが出来なくなったのです。 私はその時感じたのは仏とは間口も広く奥行も又広いと思いました…
コメント:0

続きを読むread more

末法の世に問う一大快挙なる

滋賀会館落慶法要の午前中は勤行に続き青年部の上隊旗樹立式が行われた。 青年部長以下坂田、小川、国沢三上隊長が上隊旗のもと 破邪顕正に邁進する事を誓った。 その後は、 滋賀会館落慶記念弁論大会は空前の大激戦を展開、 またしても審査員泣かせの大会となった。 抽象的八方美人型の弁論から脱し、熱と意気、 自らの赤裸…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会滋賀会館落慶を祝して

いよいよ全親鸞学徒待望の親鸞会滋賀会館が完成し、落慶式もとどこおりなく終了した。 親鸞学徒一同と共に喜びに耐えないところである。 これひとえに如来聖人の御冥助の賜物であることは勿論であるが、 本部長始め各支部長と全親鸞学徒の一致協力が実を結んだものである。 特に滋賀地元、三支部長聖地を報謝なされた田口、吉田会員、 並びにこ…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会滋賀会館が完成!

滋賀県下、滋賀、浅井、彦根三支部会員熱望のうちに建設が進められていた滋賀会館は 如来聖人の御加護の下、親鸞学徒の見まもる中で完成した。  いよいよ我等同志の志願、破邪顕正の道場が完成しました。 思えば外には諸々の外道邪教が牙をならして大衆にせまり、 内には無帰命安心、十劫安心が平然と説かれ、 たまたま寺に人だかりと思えば、…
コメント:0

続きを読むread more

老骨に鞭打って滋賀会館完成

 滋賀県に会館が欲しい、親鸞会の先生のお話をゆっくり聞き聴聞できる会館が欲しい。 これは老いの私の終生の願いであり全滋賀親鸞学徒の願いでありました。  それが先生はじめ親鸞学徒の皆様の熱い御心いりで、 如来の後押しでいよいよ完成いたしました。 滋賀県の幹部の皆さん、親鸞学徒の皆さん、 そして全親鸞会の御一同様有難とうご…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会滋賀会館落慶式典のお礼

親鸞会滋賀会館落慶式典の際には身に余るお言葉を頂き、 また貴重なる記念品を頂戴致しまして有難く厚く感謝致しております。 酷暑の候にもかかわらず落慶式に引続いてお休みの間もなく 岐阜で御法座さぞお疲れの事と拝察致します。 浄土真宗の法話ごとに今度こそは今日こそはと 信心決定めざしてお参りさせて頂くのですが、 見えて参りますのはどうにも…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会の方々の尊い体験のお言葉

 なつかしき先生、しばらくでした。 毎月浄土真宗の法話を通して先生始め親鸞会の方々の尊い体験のお言葉、 法味を頂くことに甘んじて横着になっている私唯お恥ずかしいよりありません。 阿弥陀如来の一念の信を話しますと ほとんどの人が機に合わないものだから 話に乗らないで説く人も一念ぬきで寺参りしている人は全部 後念の者ばか…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会の親睦旅行の様子

先生尊い御法の為に、いたらぬ私の為に御苦労をかけ申し訳けございません。 この度の親睦旅行に参加させて頂き尊い御縁を頂きました。 あの交通の激しいカーブの多い道を先生はいつも運転して滋賀県へおいで下され、 浄土真宗の法話にて一時間も休む時もなく真剣にお話し下さるのだと 先生の御恩と御苦労を身に感じ胸が一杯でございました。 …
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人が不倫をされたら?

仏教では心の業を最も重要視します。 信心決定すると、心で造る業の方が、身体や口で造る業よりも、 はるかに重いという事がハッキリ知らされます。 もし、親鸞聖人が不倫をされ、 奥さん以外の女と一緒に寝ておられる場面を偶然見たとすると、 信前の人は、どうしてもスッキリしません。 一応は、そんな事もあるかもしれない。 「さるべき業縁がきたら…
コメント:0

続きを読むread more

親鸞会の先生にお目にかかりたい

 先日、親鸞会の青年部の皆さんから、 「先生はお元気です」 と聞いて喜こんでいます。 私も手術を受けてからはや十日になります。 全抜糸を終え二日前に腰を曲げて歩いていましたら院長先生が私の肩を叩いて 「もっと腰をのばして早く元気に歩けるようにしましょうね」 と励まして下さいました。 院長先生はとても親切なお方でございます。 肉体の治療ば…
コメント:0

続きを読むread more

どうしても聞けないときは?

勤行の励行 最も深き宿善となる御縁は熱心な聞法にあることは判った。 しかしそれは聞法の機縁、浄土真宗の法話のある時のことである。 もし聴聞しようにも法縁がない時にはどうすればよいかまず常に仏に親近することである。 朝晩の勤行の励行、真剣な礼拝が大切である。 夜のねざめにも瞼に浮ぶ位に礼拝せよと常に励められている。 …
コメント:0

続きを読むread more