テーマ:宗教

他宗を誹謗することは反って真宗を傷つけるのではないか

浄土真宗の広宣の点ですが、他宗(新興宗教も)を誹謗することは反って真宗を傷つけます。他宗とて皆国家の法律により許可され布教する権利をもっております。無願無信の大部分の国民に少しでも善に導く宗教があれば宗教家として大いに慶賀すべきことです。真宗が最高の宗教と打ち出す処に高級インテリーの猛烈の反感があります。これは私が診療上実験せし事実です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育の現場で神式罷り通る

この夏ある地方の小、中学校に新しいプールができ上った。 その落成式がまことに異様に、しかもい並ぶ高位高官(?)教育の大御所が 何の疑議もさしはさまずに滑らかに荘厳に行われていた。 というのは、プールのまわりに児童生徒が並び、正面に竹やらで作られた、 にわか祭壇が作られ主座には神主が慇懃にかまえている。 開式と同時に神主の祝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先ず人々の心内に宗教的革命の灯をつけよ

“世の中は盲と盲の狂い咲き   堕ちゆく先をさぐり得もせで”  もの知り顔をして、大学時代哲学を学び倫理を学んだと自負する男が、「その日その日を充実して送り、夕には今日一日の無事を感謝し、朝にはこれから始まる今日一日の計画の順調に進むことを祈る。これがわしの信仰である。要するに、親鸞といえどもこれを教えたのであろう。歎異抄にもあるでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人の宗教批判の原理

 親鸞聖人は、あらゆる宗教批判の原理として 三重廃立を示されています。 『教行信証』六巻は、まさに三重廃立を闡明になされた宝典です。 三重廃立とは、 一に内外廃立、 二に聖浄廃立、 三に真仮廃立 です。 これを三重廃立といいます。  第一の内外廃立とは 外道(仏教以外の一切の宗教)を捨(廃)て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唯一絶対宇宙最高の宗教

真実の宗教の条件は、 1つ目に、いつでもどこでも変わらないことです。 2つ目に、すべての人が救われることです。 この2つを満たさなければ、人を救うことはできません。 では、そんな条件を満たす宗教はあるのでしょうか? 親鸞聖人は三世十方を貫く大道理に立ち、 かつまたあらゆる人類を本当に幸福にする唯一絶対、 宇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more