テーマ:他力信心

歎異抄の解説スタート

歎異抄(たんいしょう)を知らずして仏法を語ることなかれといってもオーバーでない位に歎異抄が愛読され、話され、また数えきれない位に解説書が本屋の店頭を賑わしている。 しかし歎異抄は非常な名文であることと、他力信心の極地をあらわしたものである為、あぶない箇所が多く、カミソリ聖教といわれ蓮如上人は信仰の浅い者の為にはこれを読ませてはいけない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新解明・他力信心のすがた

 他力信心を具体的に説明せよという質問はよくあると思います。 いかにも他力の信心は、ハッキリした世界ですが、いくらハッキリした驚天動地の世界ではあっても、精神界のことですから、親鸞聖人が『正信偈』に「他力信心を得るということは卑提希夫人と同じように三忍を獲ることをいう」とお答えになっているようにしかお答えできません。 聖人は、他力の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗が学べるウェブサイトが出現

これまで、真宗十派をはじめとする浄土真宗の伝統教団では、浄土真宗の教えの内容を学びたいと思っても、教えについてはインターネット上で学べるウェブサイトは存在しなかった。 どの浄土真宗の宗派も、どの公式サイトを見ても、歴史や制度、儀式の案内ばかりで、教えの内容を記載しているところはほとんどなかった。 また、記載していても、小話が幾つか順…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大型化と真実化

この頃役所、会社などがやたらにデラックス化し大型化してきた。 昔は役場といえば、実直な係りが小型の窓からしょぼしょぼと村民の相手をしていたのに、この頃は、デーンとかまえた係官がどなりつけるようにものをいい、時間がくれば、市民が来ようがおかまいなしにピシャリ閉店。 役所だけかと思うと、お寺もデラックス化している。 それも変なとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他力本願とはどんなことか

弥陀の大願力のみを指す 他人や自然の力ではない私は、仏教は大切なものだとは思っていますが、他力の仏教はきらいです。他の力にすがらねば生きてゆけないような無気力な宗教は我々青年の意気をそぐものではないでしょうか。しかし、先生のたくましさを見ると他力とはどんなものか判らなくなってしまいます。他力本願とは一体どんなことをいうのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more