テーマ:信心

浄土真宗で破邪すべき“邪”とは、何か

世上に浄土真宗を好戦的な宗派のように悪評する者がいる。 けだしこれは、親鸞聖人の破邪のきびしさ、激しさに対する反感に違いない。 と同時に、仏教の破邪顕正の正しい意味を知らないところから生じた悲しむべき誤解である。 親鸞聖人は今日まで、たとえ相手が何者であろうとも、微塵の妥協もせず 「破邪顕正せざる者は仏弟子に非ず」 の釈尊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡夫には軽そうに見えたが根の深い大問題の頻発に思う

末法濁世を截る 今世の中では布教使と西本願寺輔教、布教使との法論で鎬を削っている。否既に完膚なきまでに破邪し尽した状態である。 しかしこれはただに藤田明男個人の問題ではなく、全人類の大問題であることは言を俟たないのである。 その上、本願寺末寺明徳寺住職の布教妨害事件が惹起し、いよいよ親鸞学徒の立つ秋が来たようである。 これらの事に関し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疑いは一生晴れないのではないのか(2つの疑い)

先生の仰せの内「他力信心の大自覚」ということが強調されていますが、この自覚は「何によりて生ずるか」「如何すれば自覚し得るか」の二点です。 私の今までの聴聞によれば、人間は一生涯、疑いを離れる事はできない。法然上人は「疑い惑わしきは凡夫の常なり」親鸞聖人は「うちまかせて凡夫のありさまに変りあるべからず」蓮如上人は「女人の身は如何に真実心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の19願、20願、18願の人とは

浄土真宗の人達は19願の人、20願の人、18願の人といわれる、三様の人があると聞いておりますが、これはどんなことでしょうか。また、どのように違うのでしょうか。阿弥陀仏の建立なされた本願は48ありますが、その中の18番目は最高無上の誓願でありますから選択本願とか王本願といわれ平生業成が約束されています。 平生業成といいますのは死んでから助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一念の信心を言うと一念覚知にならないか?

一念の信心をやかましく説くと一念覚知の異安心になりませんか。他力の信心はいつとはなしに頂けるものではありませんか。阿弥陀如来に救われ絶対の幸福になった時を浄土真宗では「信の一念」といいます。それは、アッとも、スッともいう間のない一念で阿弥陀如来は私達を救い給うからです。  親鸞聖人はこれを「時尅の極促」とか「極速円融の真詮」とも仰言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知られざる親鸞聖人の実像

 親鸞聖人の実像は常に隠され、聖人のみ教は常にネジ曲げられて来た。 本当の親鸞聖人の教法を開顕し全人類救済の大使命に向かって親鸞学徒は猛進している。 大衆の誤解 世間の大衆は親鸞聖人を柔和な優しい所謂、円満な人格者だと信じ込んでいる。しかしそれは、聖人の全像ではない。聖人ほど、気性のはげしい、きかん根性の強い方はなかった。 聖人の肖像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他力の大信心は母乳の味・平等一味の世界

親鸞聖人は他力大信心の妙徳を母乳に喩えて、寒暑同味、転苦吐甘、尊卑同一の三徳があると教えられている。寒暑同味の徳とは母乳が厳冬に飲んでも酷暑に飲んでも乳児には適温になって与えられるように真実の他力信心は、何時でも何処でも変らぬ味がするということである。転苦吐甘の徳というのは、母親が何を食べてもおいしい乳とするはたらきを持つように、他力の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信行両座の諍論とは(三大諍論)信心か念仏か

親鸞聖人が法然上人の御弟子であった時に、その法友達と三度も激しい諍論をなされたということを、しばしばお聞きしますが、どんなことで諍論なされたのでしょうか。 第三の親鸞聖人の諍論は信行両座の諍論といわれているものです。これは、折角聖道自力の仏教が方便であることを知らされて多生にもあい難い阿弥陀如来の本願に遇い、同じく阿弥陀如来一仏を礼拝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心同異の諍論とは

親鸞聖人が法然上人の御弟子であった時に、その法友達と三度も激しい調論をなされたということを、しばしばお聞きしますが、どんなことで諍論なされたのでしょうか。 聖徳太子を尊敬され「和をもって貴しと為す」の精神で一生貫かれた親鸞聖人に激しい大諍論が三回もあったということは信じられないことかも知りませんが事実なのです。これを聖人の三大諍論とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信ずるということ 知るということ

 あの人ならと信じていたのに裏切られた、などということをよく耳にする。さも意外なことのようにきこえるが考えてみればありうることなのである。 信ずるという言葉は、疑いという言葉と表裏一体となって成立している言葉であるからである。疑いがあるから信ずるというのである。  ちなみに、明日の天気はと問われれば、雨だと思うとか、曇だと信ずるとしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心獲得は誰が決めるのか

信心獲得できねば必堕無間と言われますが、信心獲得できたかどうか誰が決めるのですか。また獲信できた者はお浄土へゆき、出来ない者は地獄へ堕ちるのでしょうか。如来さまは、そんな片手落なことをなさるでしょうか。信心というのは救われるということを信ずるところから始まると思いますが違いますか。私は「如来さまは何もかもお見透しじゃぞ」と知らされること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心正因か称名正因か

親鸞聖人の御教は 称えてのお助けか 信じてのお助けか 本願だけでは、ハッキリしない  親鸞聖人のみ教は釈尊出世の本懐である阿弥陀仏の本願を開顕せられたものである。阿弥陀仏の本願を離れて浄土真宗はあり得ない。  では阿弥陀如来の本願とは何か。 「凡ての人々を必ず救いとる」という御約束であるが、それについて三信(信心)と十念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心決定するとハッキリしますか?

浄土真宗で信心決定するとハッキリ判るという人と 凡夫にそんなことはないものだと言う人とありますが、 どちらが本当か教えて下さい。 失礼ないい方ですがこれ程馬鹿げた質問はありません。 ところがこんな質問をする人が浄土真宗には 意外に多いのですから情けない限りです。 そういう点から言えばあなたも人並の質問をされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more