テーマ:浄土真宗

なぜ破邪顕正に徹し切らないのか

 受け難き人身を受け、遇い難き善知識に遇わせて頂くほどの幸せは他にない事は今更いうまでもないが、 浄土真宗の門徒は果してどれほどその幸せを感じているだろうか。 親鸞聖人の血を吐く雄叫びにどれだけ相応しているだろうか。 「破邪顕正せざる者は仏弟子に非ず、仏の怨敵なり」(涅槃経) を金科玉条として真実開顕に挺身された親鸞聖人を絶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平生業成の浄土真宗での本当の意味

平生とは臨終に対する言葉で平常の時をいい、業成とは業事成弁の略語であって、 往生の業因が完全に成立したことをいう。 すなわち、臨終の時節をまたず、平生信心獲得の一念に往生の業因が成就して将来浄土に往生することに定まったということである。  平生業成という語は覚如上人にはじまったといわれ、浄土真宗の骨格をなす最も大切な言葉の一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の往生とは

私達は日常生活の中で、よく往生という言葉を使う。 しかし、往生という言葉の正しい意味を知って使っている人は非常に少ない。 たとえば「昨目、山の中で自転車がパンクして往生したわい」とか 「うちのお婆ちゃん昨日往生しました」とかいう場合に、 往生という言葉を使っている。  往生を弱ったこととか、困ったとか、死んだことという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法論と法難と

 その昔三日二夜を通して時の主上の面前で法然上人が、 浄土門の主張、衆生の根気、念仏の限りない御力を論じ尽されたといわれる大原問答は 今に人々に語り伝えられ、いいつがれている事は余りにも有名なことである。 いかに三塔の修業者も聖道門の専門家も、そこを通り越して、遂に撰択本願念仏の真髄にふれ、 凡機のまま救われた法然上人には火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗で法論が起きる理由(本願寺)

前々回の記事で、浄土真宗で法論が起きる一つの理由として 東西本願寺はじめ真宗十派は、 親鸞聖人や蓮如上人が御明示なされた御名号を御本尊とせず、 他流の者が好む木像を本尊として、公然と両聖人の御教示に違反し、 浄土真宗の教法をねじ曲げ破壊しているからだ ということを明らかにいたしました。  次に重大な本願寺の人々のあやまち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ浄土真宗の中で法論が起きるのか

同じ浄土真宗でありながら、派が分かれ、教義論争が起きたりもしています。 和気あいあいでお互い手を取り合って 親鸞聖人の教えを明らかにすることはできないのでしょうか。 そういう意見も一応ごもっともなことに思われますが、 現在の本願寺はじめ真宗十派がいかに親鸞聖人や蓮如上人の教えに反し、 浄土真宗の教えと異なるかを知らないから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆとりのある態度

 明治以来欧米の風潮文物が渡来し、いかなることも皆欧米一辺倒となった。 現代日本の経済成長も建築の素晴らしさも、 そして日々訪れる我々身辺の多忙さもこれすべて欧米の様相かと思われるのである。 われわれにとってはどうしても一日48時間は欲しい。 体が3つ程欲しい。 これも欧米並みか?と思われるのだが…。  ところが最近西欧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国真宗青年の集い

“全国真宗青年の集い”──これは西本願寺の青年組織である仏教青年連盟(仏青)が 年に一度催す集まりである。 以前、その石川大会が開かれた。 仏青に将来を託している西本願寺当局は門主を筆頭に総動員かけて、 1300名余りの青年を一同に金沢市の観光会館、 そして能登の、励志館に集めたが、 大会そのものは道徳倫理の域を出ない仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心獲得したらハッキリするものかどうか

信心決定の自覚は誰にでもハッキリするものだとのことですが、ハッキリする者も千人に一人位はあるかも知らないが、大体はハッキリしないのが本当らしい。故曾我量深師に直接聞いて見たのですが、 「信心を獲得したと、そんなにハッキリ自覚できるものではない。 知らず知らずいつとはなく尊い心境になって行くものだ」 との仰せでした。 大変大切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ浄土真宗では奈良の大仏に礼拝してはいけないのか

先日、会社の人達と関西旅行にいった際、奈良の大仏に礼拝し賽銭を投げて来たことを祖母に話しましたところ 「浄土真宗の者の断じて、してはならない怖ろしいことをして来た」 と大変叱られましたが真宗では悪いことなのでしょうか。 全くあなたの祖母さまの仰言る通りです。 祖母さまは親鸞聖人の本当の御教えを、よく聞いておられる有難い方です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人は他人を攻撃されなかった?

私は浄土真宗ですが、我が祖師親鸞聖人は、他人の信心をあれこれ非難したり、攻撃されたことは決してなかったと聞かされています。 ひたすら自己の信心を深め、自己を凝視して一生通されたお方と信じていますが違うのでしょうか。 そういう人は、浄土真宗の信者だといっても親鸞聖人という御方を知らない人です。 少しは知っていても聖人の一面だけし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西本願寺と親鸞会の激しい法論が勃発

 いつの時代であろうと、いずこにおいても、真実の仏法を開顕する者は、たとえ相手が何人であろうとも真実をネジ曲げる者を絶対に許さない。 親鸞会はこれまで真実の他力信心開顕のために幾多の邪義、異安心を撃破してきたが、ここに又、どうしても破邪しなければならぬ邪義、異安心があらわれた。それは西本願寺の輔教の資格を持つ布教使である。彼は常日頃か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本願寺VS親鸞会

「親鸞会は異安心だ」の西本願寺の僧侶の一言に端を発して、法論が行われている。 回を重ねる度に邪義が露呈、論点が信心の核心にふれるだけにこの法論は浄土真宗の歴史的な一大法戦となり、 長期化の様相を呈してきた。 本願寺VS親鸞会 浄土真宗ニュースではこれを大きく取りあげ、細大もらさず顛末を発表、世に問うこととなった。 幾多の法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無条件の救い?

浄土真宗の法話にて 浄土真宗の僧侶「ただじゃ、無条件じゃ、阿弥陀仏はそのまま助けて下されるのじゃ」 同行「そんならおさい銭出さんでもよいのですか」 僧侶「いや、それは困る」 同行「無条件なのにどうして?」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歎異抄を勉強するならこのサイト

『歎異抄』というのは、浄土真宗の親鸞聖人のお言葉を、お弟子の唯円が書き残した本です。 大変美しい文章で書かれていることで有名で、三代古典の一つです。 三代古典というのは、徒然草、方丈記、歎異抄です。 日本で最も読まれている仏教書といわれ、多くの人に知られていますが、 誤解を生みやすいところが多く、江戸時代までは、教団の奥深く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の教えが一番よく分かるサイト

インターネットで浄土真宗の教えを学ぼうと思ったら、普通は、西本願寺とか東本願寺の公式サイトが一番正しいと思ってしまいます。 歴史が長いし、権威があるし、大学もあるので、正しいことが学べると思います。 ところが、実際には、大したことは書かれていませんし、書いてあることは難しいことばかりなので もともと浄土真宗の教えを知っていれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七慢

「一つとせ、必定地獄と聞きながら、ウヌボレ心にだまされて、堕つるこの機ということは、ホンニ今まで知らなんだ」という信心かぞえ歌があるが、このウヌボレ心は本当にやっかいなシロモノである。昔から「他人の事を言っている時はみな悪口、自分の事を言っている時は必ず自慢話」と言われるが一体どんなウヌボレ心を我々は持っているか、釈尊からお聞きしてみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラム

あきがくる 夏の終り 古い女房 手次の坊主の説法 頭下足上「おい今度の日曜日に浄土真宗の法話を聞きに行かないか」太郎「いやア、行きたいけど稲刈り手伝わねばならなくてね」花子「今度一緒にボーリングに行かない?」太郎「よし行こう」「稲刈りは?」太郎「うん、きっと雨でも降るだろう」「あわれ!頭下足上のすがたか」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真宗を死の商人から護れ

商人の鉄則  たとえそれが一介の行商人であろうと老舗の主人であろうと、いや老舗であればある程、商人といわれる人は食物であれば調理の仕方、食べ方、或いは道具であれば使い方、機能をマスターして商いをする。 信用を重んじる店ほど上手な使い方を教えて売ってくれるものである。  真実の仏法を伝える者にとっては、仮にこれを商売とするな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他宗を誹謗することは反って真宗を傷つけるのではないか

浄土真宗の広宣の点ですが、他宗(新興宗教も)を誹謗することは反って真宗を傷つけます。他宗とて皆国家の法律により許可され布教する権利をもっております。無願無信の大部分の国民に少しでも善に導く宗教があれば宗教家として大いに慶賀すべきことです。真宗が最高の宗教と打ち出す処に高級インテリーの猛烈の反感があります。これは私が診療上実験せし事実です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏教の若い講師たち(若鷲よ大きく育て)

「私ははじめは親鸞会を批判の目で見ていた。しかし自分が若い時、何を思い何をおいかけていたかということを考えてみると、親鸞会の人達の進んでいる道がいかに素晴しいことであるかに気付いた。 親鸞会の仏教の講師が一斉に布教にとびたったが方々で大変な反響を呼んでいる。ある人は「極楽総出じゃ」と言って感嘆し、ある人は「ただ人ではない」と驚いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心と悪業煩悩との関係はある・ない

信後は煩悩執着が大いに減退するのではないか 「煩悩や身口意の三業で造る悪業は減りも増しもしません」 とありますが私の体験では熾烈な煩悩執着もお念仏で大いに減退します。 煩悩ある故に苦しみまた、病気にもなります。 信心決定すれば信前の心と大いに変り、しかも悪業も大いに減ります。 また左様でなくては社会的にも浄土真宗は何の価値もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春はたねまきのシーズン

いよいよ本格的な春となってきました。春ともなればタネまきのシーズンです。まかぬタネは生えぬというのが因果応報の因果の道理です。あなたの聞法のタネまきはいかがでしょうか。 ところでこのブログも春と共に衣がえをすることになり、内容も次第に変革していくことになりました。今まで一部に難解だとの評がありましたのでこれからだんだんと浄土真宗の教え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一念の信心を言うと一念覚知にならないか?

一念の信心をやかましく説くと一念覚知の異安心になりませんか。他力の信心はいつとはなしに頂けるものではありませんか。阿弥陀如来に救われ絶対の幸福になった時を浄土真宗では「信の一念」といいます。それは、アッとも、スッともいう間のない一念で阿弥陀如来は私達を救い給うからです。  親鸞聖人はこれを「時尅の極促」とか「極速円融の真詮」とも仰言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

念仏の分類を聞いて続々と親鸞学徒が増えている

3月19日福井県武生での浄土真宗の御法話。この日は朝から暖かい陽ざしであった。バスを借り切っての心使いで、家の中は超満員の法座であった。まだ親鸞学徒でない人が多かったので、昼の時間にみんなによびかけたところ、続々親鸞学徒になられる。今後の福井の発展ぶりが伺えた。  3月13日福井県大野市での浄土真宗の御法座。3月とはいえ、雪の降る中を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗は何によって人をひきつけるか

「磁石は鉄を引きつける。何にも目には見えないけれども、見えない力が引きつける。しぜんに鉄を引き寄せる」 ──これは松下幸之助氏の言葉である。 浄土真宗は何を以って人を引きつけるか。 ──それは真実の教えであり、浄土真宗の法話の真剣な聴聞と熱意あふれる顕正の姿にあろう。 知識や能力も大事であろうが何事によらずその人の誠実あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近代システムと浄土真宗

 最近、産業、政治、教育界などで盛にいわれる言葉にシステム化ということがある。極めて高度化し、複雑化した社会全体がさらに他国をぬき人間の世、開闢以来の発展成長の為に誰も彼もが、しのぎをけずって進展するための方法的仮設である。 システムという語をウエヴスター大辞典で見ると「ある共通の計画に従う、また、ある共通の目的に奉仕する多種多様な部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年の浄土真宗

偉大なる足跡を残して、浄土真宗は2020年の春を迎えた。 この一年、ますます忙しく、親鸞学徒は浄土真宗の法話を迫られるだろう。 経済的には豊かになったけれども、めまぐるしく移り変る社会環境の変化に、大衆は自己を見つめる間もなく、しのぎを削っている。 この疲れきった大衆の心を癒しきれるものは親鸞聖人の教えより他にない。 五欲に溺れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿善の厚薄ということ

すべては聞法心、求道心如何にかかる  浄土真宗の根本は一念往生にある。阿弥陀如来の本願は一念でわれらを救いとって下される無上の勝法だからである。しかし信心獲得の時期に前後不同ができるのはどうしたわけであろうか。宿善まかせ、無宿善力およばずといわれるように、これひとえに各自の宿善の厚薄によることを知るべきである。されば我々の宿善の有無や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激動の70年と浄土真宗

エコノミック アニマル 1969年、それは激しい変動の年であった。東大安田城の攻防戦に明け、沖縄、安保の師走選挙で暮れたが、まさに世はスピード時代、昔の10年が今の1年、一世紀が10年のテンポでめまぐるしく移り変ってゆく。 国民総生産高世界第3位、西欧先進国の倍以上もの早さで進む経済成長は物質文明全盛時代をもたらした。物質の豊かさは消費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more