テーマ:浄土真宗

近代システムと浄土真宗

 最近、産業、政治、教育界などで盛にいわれる言葉にシステム化ということがある。極めて高度化し、複雑化した社会全体がさらに他国をぬき人間の世、開闢以来の発展成長の為に誰も彼もが、しのぎをけずって進展するための方法的仮設である。 システムという語をウエヴスター大辞典で見ると「ある共通の計画に従う、また、ある共通の目的に奉仕する多種多様な部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年の浄土真宗

偉大なる足跡を残して、浄土真宗は2020年の春を迎えた。 この一年、ますます忙しく、親鸞学徒は浄土真宗の法話を迫られるだろう。 経済的には豊かになったけれども、めまぐるしく移り変る社会環境の変化に、大衆は自己を見つめる間もなく、しのぎを削っている。 この疲れきった大衆の心を癒しきれるものは親鸞聖人の教えより他にない。 五欲に溺れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿善の厚薄ということ

すべては聞法心、求道心如何にかかる  浄土真宗の根本は一念往生にある。阿弥陀如来の本願は一念でわれらを救いとって下される無上の勝法だからである。しかし信心獲得の時期に前後不同ができるのはどうしたわけであろうか。宿善まかせ、無宿善力およばずといわれるように、これひとえに各自の宿善の厚薄によることを知るべきである。されば我々の宿善の有無や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激動の70年と浄土真宗

エコノミック アニマル 1969年、それは激しい変動の年であった。東大安田城の攻防戦に明け、沖縄、安保の師走選挙で暮れたが、まさに世はスピード時代、昔の10年が今の1年、一世紀が10年のテンポでめまぐるしく移り変ってゆく。 国民総生産高世界第3位、西欧先進国の倍以上もの早さで進む経済成長は物質文明全盛時代をもたらした。物質の豊かさは消費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人の教えと礼儀

礼の心は悲歎から  現代青少年はそして一般も含めて、情操の音痴であり、礼儀の白痴であると嘆いている者がある。学校教育に問題があり、教師の怠慢だと罵る者もあれば、その前に家庭教育に問題がある、お母さんの悪いのが揃っている現代ではどうしようもないなどと嘆く者もいる。  最近浄土真宗でもこの点について非常に関心が高まり日常の行動につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞即信とはどういうことか

浄土真宗の御法話に、よく聞即信という言葉が使用されますがどんなことでしょうか。  お尋ねの聞即信という言葉は阿弥陀仏が我々を絶対の幸福に救済して下される時のことを表わす言葉で、浄土真宗にとっては大変大切な言葉です 阿弥陀仏のお誓いは「聞其名号信心歓喜」とありますように、聞いて信ずる者を助けるという御約束ですから、聞くということが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物質天国は幸せ?

昔、国立統計数理研究所が日本人の宗教的態度について世論調査をしたところ、(同じ調査をフランスが欧米八ヶ国で行った)「この世に神や仏がいるか」の問いに、肯定するもの欧米は70〜80%、日本は24%だそうで、次いで「この世は幸福になって来たか」の問いに、肯定は欧米が30〜40%に対し日本は70〜80%だった。  詳しくは判らないが大変面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねこもしゃくしも 歎異抄というが正しく解説した唯一のサイトは……

歎異抄(たんいしょう)は明治の傑物、清沢満之が世に大きく紹介し、以後誰も彼も親鸞聖人といえば歎異抄、歎異抄といえば親鸞聖人とイメージが湧く程やかましくなっている。 ところで、先日自ら学あると自負している某浄土真宗の僧侶とたまたま邪教の話などから歎異抄の話に移るに及んで驚いた。 それは、あの歎異抄を読んで「ただ念仏して弥陀に助けられ……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の祖師・親鸞聖人の流刑の真因とは

 浄土真宗の祖師、親鸞聖人は35才の時、住みなれた京都から追放され、越後(今の新潟県の直江津)へ罪人として流刑になったことは周知の事実である。そうであれば、その理由は何んであったのであろうか。親鸞聖人がどんな悪事をなされた結果なのであろうか。流刑という極刑にあわれた真の原因は何か。親鸞聖人の御教えを絶対不二の妙法と尊崇し聴聞する我々にと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生の混乱

東大生といえば昔からエリート中のエリートとして自他共に認められてきた。そのエリートであるべき学生の昨今の混乱ぶりは一体どうしたことか。理由はともあれ、学生が自らの手で授業を放棄し、バリケード云々にいたってはすでにその方向を見失っている。東大生がそうであるからまして他の学生においておやである。角材にヘルメットは序ノ口、月光仮面よろしく覆面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗が学べるウェブサイトが出現

これまで、真宗十派をはじめとする浄土真宗の伝統教団では、浄土真宗の教えの内容を学びたいと思っても、教えについてはインターネット上で学べるウェブサイトは存在しなかった。 どの浄土真宗の宗派も、どの公式サイトを見ても、歴史や制度、儀式の案内ばかりで、教えの内容を記載しているところはほとんどなかった。 また、記載していても、小話が幾つか順…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の僧侶が原理研究会に寺を貸す

 このところ、浄土真宗に対する非難攻撃、風当りは強いがついでにもう一つ。 最近或る寺がこともあろうに外道も外道、キリスト教に根をもつ新興宗教「統一原理研究会」に寺を貸したということが明らかになった。あいた口がふさがらないとはこのことをいうのか、金にさえなれば何でもするといった変節ぶりは乞食にも劣るあさましい行為ではないか。これでは落目と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体失不体失往生の諍論

親鸞聖人が法然上人のお弟子であったとき、同門の善慧房証空と論争をされたことがありました。 これを体失不体失往生の諍論といいます。 善恵房が、念仏を称えたら死んだら救われると説法していると、親鸞聖人がこういわれました。 親鸞聖人「今ほどあなたは阿弥陀仏は念仏を称えておれば、死ねば必ず助けて下さると申されたが」 善恵房は、それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥陀をタノムとはどんなことか

『御文章』に蓮如上人が「弥陀をタノメ」とか「弥陀をタノム」とか、しきりと仰言っていますが、 やはり私達は阿弥陀如来に、どうか助けて下さいとお願いせねばならないのでしょうか、お教え下さいませ。 よく誤解される言葉です。 今日「タノム」とか「タノメとかいう言葉は「お願いする」とか 「求め願う」意味に使用せられていますので、 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗に多い我利我利亡者

浄土真宗には自分さえ助かればそれでよい。 他人のことなんか、かまっておれないという我利々々亡者が多い。 これは、蓮如上人の「他宗他門の人に沙汰するな」とか 「内心に仏法をたくわえて外面にあらわすな」とかのお言葉を誤解してのことかも知れぬが大変な仏教の聞きあやまりである。  ある人が地獄と極楽はどこが違うのだろうかと比較する為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

称名念仏すれば助かるのか

信心決定する手段として念仏称えよ。 称名念仏しておれば、やがて信心決定出来るのだから力んて称えよと説教する人がありますが、これは正しいのでしょうか。 ネコの手本で虎は描けぬ信心正因貫くのが真宗の教え 多くの布教師もそのような説教しているようですが、それは絶対浄土真宗の教えではありません。  信前の称名念仏を信心決定する道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

称名正因の異安心とは

称名正因の異安心というのはどんなことを言うのでしょうか。  これは浄土真宗には非常に多い間違った安心の仕方です。 一口でいいますと、「念仏で助かるのだ。称名念仏さえ称えていたら助けて頂けるのだ」 とこれらの人達はしきりと称名念仏を勧めます。 又、これらの人々は 「信前であろうと自力であろうと、念仏さえ多く称えればその功徳に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の三通りの「ただ」

浄土真宗は、他力じゃただじゃと仰言るから苦労する必要はない。とみんな思っているが、ただに三通りあることを知らないのだ。ただじゃと聞かされて、ほとんどの者は「ただじゃそうな」と受け取ってゆくが、信心の幼稚園だということが判らないのだ。浄土真宗の人達は十中八・九まではこの程度のきき方しかしていないのが現状である。またこの程度の浄土真宗の法話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煩悩

 浄土真宗の僧侶や門徒の中には信心決定したら煩悩がなくなるとか、普通の人よりは少くなると思っている人がいるが、とんでもない間違いである。 煩悩とは欲望と怒りと愚痴の三毒の煩悩に代表されるように我々の心身を煩わせ悩ませるものをいう。 ヘソのない人がいても煩悩のもたない人がいないから煩悩具足の凡夫といわれ、阿弥陀如来の本願建立の「お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心正因か称名正因か

親鸞聖人の御教は 称えてのお助けか 信じてのお助けか 本願だけでは、ハッキリしない  親鸞聖人のみ教は釈尊出世の本懐である阿弥陀仏の本願を開顕せられたものである。阿弥陀仏の本願を離れて浄土真宗はあり得ない。  では阿弥陀如来の本願とは何か。 「凡ての人々を必ず救いとる」という御約束であるが、それについて三信(信心)と十念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他力本願とはどんなことか

弥陀の大願力のみを指す 他人や自然の力ではない私は、仏教は大切なものだとは思っていますが、他力の仏教はきらいです。他の力にすがらねば生きてゆけないような無気力な宗教は我々青年の意気をそぐものではないでしょうか。しかし、先生のたくましさを見ると他力とはどんなものか判らなくなってしまいます。他力本願とは一体どんなことをいうのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿弥陀如来の本願に救われました。

いつも尊い阿弥陀如来の御本願をお説き下さいます善知識の雄々しく力強いみ声が私の心の奥底に焼きついて忘れられません。 昨年十二月阿弥陀如来の光明の縁に催されたのも善知識のおかげと心より慶ばずにいられません。 そして一人でも多くの人々に真の善知識から聞かなくては信心獲得はできないことを叫ばずにいられません。 次の手紙は妹が迷っていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗 念仏が一番尊いのか

「念仏成仏是真宗」とか「ただ念仏して」とか、 やはり念仏が浄土真宗にとって最も大切なことではないでしょうか。 普通、念仏とは、口で南無阿弥陀仏と言うことです。 浄土真宗ではその南無阿弥陀仏と口で称える心の相異によって三つの念仏があると教えられています。 ちょうど、涙を流していることから言えば同じことですが、悲しくて泣いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救われた人の思い

岐阜、久々野と私一人の為に浄土真宗の法話を お叫び下さる先生の御恩に報いることの出来ない自分に あいそがつきてしまいます。 こんな極悪人の私がどうして現在絶対不変な妙味を味わせて頂けるようにさせて頂いたのか、 何の間違いなのでございましょうか。 こんな私だったなればこそ、阿弥陀如来は御見捨てなく救いとって下さいましたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の法話有り難い

御元気にて法の為、浄土真宗の法話に御活躍下さいまして実に有難く厚く御礼申します。 善知識のご著書を信難く合掌で拝読させて頂いています。 乱れ切った世に善知識の素晴らしい御繁昌を嬉しく涙よりございません。 私も年も忘れてこの後秋田県へ布教に出かけます。 御尊体お大切になさってくださいませ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田茂・医者の次に僧侶を呼ぶ

 平生から医者が嫌いだった故吉田茂氏が知人に 「一年前から医者を家においてあるのだが、次は僧侶をおこうか」 といったそうだが、これがかって日本の総理大臣をやっていた人の言である。 宗教に対する無知も甚だしいが仏教を知らぬ哀れさを感じさせる。 また彼の言は仏教が現実の社会から忘れ去られた存在になっていることを明示している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善知識への随行のお願い

「鳴く鳥も岸打つ波も松風も  われをたのめの 弥陀の呼声」 善知識にはこの暑さにもかかわらず御法の為に日夜、浄土真宗のご法話に御苦労なされている事と存じます。 善知識のお陰で色々な邪教に首を突込んで四六時中懊悩していた私も漸く方向がはっきり致しました。 今ではクヨクヨ悩む事すら出来なくなり毎朝の礼拝も気持よく道は唯一つ、信心決定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は仏教の講師になります!

先生始めて、お便りさせて頂きます。 私が先生にお会いさせて頂いてから早や一年たちました。 一年間虚しく無意味に過して来たことが残念でなりません。 今やっと目のさめた思いです。 今は教学試験を受けるべく一生懸命に浄土真宗の法話を聴聞し、頑張っております。 それでこれから何年後になっても仏教の講師とならせて頂き真実の仏法一筋に生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一大事に気づく人一人でも浄土真宗の大繁昌

見てこぬ浄土がハッキリするぞ 女性の身をもってアメリカで3人目の、ノーベル賞受賞者にかの有名なパール・バックという人がいる。 小説「大地」の作家である。 彼女はアメリカで生れて3ヶ月目両親の職業の関係で中国に渡った。 だから彼女の記憶はアメリカではなく、揚子江のほとり、靖江府の家から始まる。 彼女は素晴しい母や母に救われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善知識がお礼をされるスピード

滋賀会館の降誕会より東京に帰りましたところ 先生より先をこされて尊い御便り頂いて全く恐縮に存じます。 先生にはどうしたら聞いて呉れるか御一念で 猛暑も何のその雨降る如き汗もおふきにならず 一生懸命、浄土真宗の御法話下さいますお心お姿の尊さに全く頭が下ります。 大切な御法体呉れぐれも御大切に念じ上げております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more