テーマ:阿弥陀如来

長者窮子の譬喩・やるせない阿弥陀仏の御念力

 釈尊出世の目的は我々に阿弥陀仏を紹介する、このこと一つであった。 親鸞聖人はこれを正信偈の中に 「釈迦如来、この世に興出したもう所以は、唯、弥陀の本願海を説かんとなり」 とズバリ教えておられる。 ところが疑い深い我々は、本当に阿弥陀仏はおられるのか、どこにましますのだ。 という疑いがやまない。 そこで釈尊は、我々の目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代に拝んでいい神と悪い神があるのか、西本願寺vs親鸞会の激突

親鸞会の講師の一向専念無量寿仏の布教に対して対して西本願寺の輔教が、現在日本の市町村にある神社の神の中には、権社の神と実社の神とが混在する故に、我々も拝んでもいい神と礼拝してはいけない神とがあると非難しました。 ちなみに「輔教」というのは、西本願寺の学階で、親鸞聖人の教えに極めて詳しいとされる人に西本願寺が認る資格です。 「権社の神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏教は出て聞け?

昔の人はこう言っていました。 無宿善の機(助からん人)A「仏法もトタン屋根の雨みたいになったらいいんだがな」B「つまりどういうこと?」A「家の中に居ても聞けるということさ」古人いわく──仏法と萱屋根の雨は出て聞け── ところが最近は、ユーチューブなどで、家でも浄土真宗の法話が聴聞できるようになってきています。 例えばこんな仏願の生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早いもの5つ

・質屋のノレンをくぐる奥さんの足 ・短気な亭主の握りこぶし ・タレントの離婚 ・物価の上昇 ・お布施の少い時の僧侶の読経 ・凡夫が阿弥陀仏に救われる一念
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疑いは一生晴れないのではないのか(2つの疑い)

先生の仰せの内「他力信心の大自覚」ということが強調されていますが、この自覚は「何によりて生ずるか」「如何すれば自覚し得るか」の二点です。 私の今までの聴聞によれば、人間は一生涯、疑いを離れる事はできない。法然上人は「疑い惑わしきは凡夫の常なり」親鸞聖人は「うちまかせて凡夫のありさまに変りあるべからず」蓮如上人は「女人の身は如何に真実心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙好人の詠んだ歌が葉書に書いてあった

 先日53才で信心決定された妙好人の方からはがきが届きました。そこには、花笠音頭の節で尊い次の阿弥陀如来の歌が書かれていました。一、俺の胸底ちょうと見やしゃんせ   弥陀の思案の願がある 二、弥陀を知ったその時からは   生死の苦界で娑婆遊び 三、弥陀よ喜べ六字の鈴が   胸に鳴る鳴る弥陀の声 四、弥陀のお慈悲を、     食てみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗の19願、20願、18願の人とは

浄土真宗の人達は19願の人、20願の人、18願の人といわれる、三様の人があると聞いておりますが、これはどんなことでしょうか。また、どのように違うのでしょうか。阿弥陀仏の建立なされた本願は48ありますが、その中の18番目は最高無上の誓願でありますから選択本願とか王本願といわれ平生業成が約束されています。 平生業成といいますのは死んでから助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一念の信心を言うと一念覚知にならないか?

一念の信心をやかましく説くと一念覚知の異安心になりませんか。他力の信心はいつとはなしに頂けるものではありませんか。阿弥陀如来に救われ絶対の幸福になった時を浄土真宗では「信の一念」といいます。それは、アッとも、スッともいう間のない一念で阿弥陀如来は私達を救い給うからです。  親鸞聖人はこれを「時尅の極促」とか「極速円融の真詮」とも仰言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獲信の記録・阿弥陀仏は生きてござる

ミーンミーンミーン。真夏の太陽がじりじりと照りつける昼さがり、食事をしておられたお父様が突然箸を置き「仏様も暑いだろうなあ」とつぶやくとさっと立ちあがって本堂へ行かれた。すべての戸を開き涼しい風が仏壇に入りこむのを見とどけるとやっと安心したように又食卓につかれた。そんなお父様の行動は幼い私にとって不思議でならなかった。又ある時は、私が仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国で浄土真宗の法話

 何ともはや、物騒千万な世の中になったもの!! 一寸ボタンを押せばそれっきり人類の終幕という滅相なものを抱えて、不安と焦燥とにいつも根こそぎ揺さぶられている。 月世界到達だ、宇宙旅行だと空にばかり気をとられている隙に、足元が地につかず肝心の日常生活に大きな空洞ができて、人間相剋暴力肯定、殺人横行と途方もない社会様相になってきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿弥陀仏に救われた思い

 来る年も来る年も、金銭を求めて苦しんでいる。 どれだけ得れば満足するのか。 名誉を追うてあせっている。 どこまで登れば安心できるのか。 財産を望み、色を漁り衣食住の満足を願って365日、狂い廻っているのが私の実相だ。 無限の欲望は一村、一国、世界にひろがってゆく。  咲き誇った花も必ず散らねばならぬ時が来るように、集め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京砂漠に真実の法灯点さる(四聖諦)

 東京の空はどんよりと暗い「山や田園の朝」を思う私にはもう八時だというのに、何だか明けきらぬ感がした。これもスモッグのせいだろうか。  午前九時半、東京で始めての浄土真宗の御法話会場である渋谷区元代々木町の応慶会館は遠くは熊本、四国、そして千葉、神奈川、八王子市、都内各区、横浜、富山、福井、滋賀から集まった人々で満員である。 当に首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙好人Tさんの言葉

滋賀県の親鸞会で大活躍されたTさんが、見事人生究極の目的たる阿弥陀如来の救いにあわれた。 「人身受けがたし、今すでに受く、 仏法聞きがたし、今すでに聞く、 この身今生において度せずんば 更にいずれの生に向かってかこの身を度せん」 といわれるが、Tさんは人間であることの特権を最大限に生かし切り、深く後生の一大事を見つめ、真剣に仏教を聴聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ阿弥陀仏が本師本仏なのか

阿弥陀仏を本師本仏とか、本師法王といわれる理由は何でしょうか、お尋ね致します。 阿弥陀如来は光明無量、寿命無量、智慧と慈悲の如来であることは多くのお経に明らかですが、中でも、阿弥陀仏の勝徳は、光明智慧無量であることだと、親鸞聖人は讃嘆なされています。  それは、すでにブッダが出世本懐経たる『大無量寿経』に於て「阿弥陀如来の威神光明は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他力の大信心は母乳の味・平等一味の世界

親鸞聖人は他力大信心の妙徳を母乳に喩えて、寒暑同味、転苦吐甘、尊卑同一の三徳があると教えられている。寒暑同味の徳とは母乳が厳冬に飲んでも酷暑に飲んでも乳児には適温になって与えられるように真実の他力信心は、何時でも何処でも変らぬ味がするということである。転苦吐甘の徳というのは、母親が何を食べてもおいしい乳とするはたらきを持つように、他力の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞即信とはどういうことか

浄土真宗の御法話に、よく聞即信という言葉が使用されますがどんなことでしょうか。  お尋ねの聞即信という言葉は阿弥陀仏が我々を絶対の幸福に救済して下される時のことを表わす言葉で、浄土真宗にとっては大変大切な言葉です 阿弥陀仏のお誓いは「聞其名号信心歓喜」とありますように、聞いて信ずる者を助けるという御約束ですから、聞くということが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心同異の諍論とは

親鸞聖人が法然上人の御弟子であった時に、その法友達と三度も激しい調論をなされたということを、しばしばお聞きしますが、どんなことで諍論なされたのでしょうか。 聖徳太子を尊敬され「和をもって貴しと為す」の精神で一生貫かれた親鸞聖人に激しい大諍論が三回もあったということは信じられないことかも知りませんが事実なのです。これを聖人の三大諍論とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信ずるということ 知るということ

 あの人ならと信じていたのに裏切られた、などということをよく耳にする。さも意外なことのようにきこえるが考えてみればありうることなのである。 信ずるという言葉は、疑いという言葉と表裏一体となって成立している言葉であるからである。疑いがあるから信ずるというのである。  ちなみに、明日の天気はと問われれば、雨だと思うとか、曇だと信ずるとしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

往生について浄土真宗の祖師・親鸞聖人の闘い

死後の救いか現在救われるのか。体失不体失往生の諍論に聞く  親鸞聖人を柔和な方のように思っている人が多い。確に聖人には慈悲の権化のような面もあるが、それよりも秋霜烈日たる峻厳さこそ聖人の真面目と私は憶う。聖人の御一生は正に破邪の法戦の連続であったといって過言ではない。親鸞聖人の御降誕を縁として、その法戦の一つ、体失不体失往生の諍論を書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天上天下唯我独尊」とは

ブッダは誕生なされた時に「天上天下唯我独尊」と言われたそうですが、仏教は、そのような独尊的な教えなのでしょうか。  大変、世間一般に誤解されている仏教の言葉です。確かに、釈尊が誕生された時に、天と地を指さゝれて「天上天下唯我独尊」と叫ばれたと記録されています。 これを多くの人々は「この世で一番、偉くて尊いものは自分一人である」と釈尊が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まず心の臨終を

浄土真宗には二度の臨終、二度の葬式があると聞きましたが、どんなことでしょうか。  二度の臨終といいますのは、心の臨終と肉体の臨終のことです。故に、二度の葬式というのも同じく心と肉体の葬式をいいます。 親鸞聖人は、阿弥陀如来の本願を信ずる直前に我々は一度死ぬのだと仰言っています。その直後、生きかえった時が阿弥陀如来に救われた時であると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿弥陀如来に抱かれて尊き親鸞学徒の皆様へ

「生き仏、如何に攻撃受けようと ビクともしない金剛心」 尊き偉大なる善知識の御心中を歌わせて頂きました。尊き親鸞学徒の皆様、この広い世界に善知識と名のつく人は一体どれだけ居なさることでしょう。生きる意味は信心決定ただ一つあるのみ、後生の一大事程新しい生きた言葉はありません。 その新しい広大なる南無阿弥陀仏の真実を、夢の世界にたわむれてマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人はきびしい方か

 親鸞聖人という方はやさしい仏さまのようなお方だと私は今まで思っていましたが、浄土真宗の法話を聞くと、どうも聖人に対する考えが変って、大変きびしい方のように思われるようになりました。世間一般の人の考えている親鸞聖人は間違っているのでしょうか。  親鸞聖人には、きわだった二面があります。一面は大変やさしい温い、いわゆる仏さまのような面で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ浄土真宗で親鸞会だけ本尊が名号なのか

浄土真宗の御本尊のことについてお尋ね致します。本願寺や浄土真宗の各末寺では阿弥陀如来の木像を御本尊として安置してありますが、親鸞会館は御本尊は御名号になっています。浄土真宗の家庭もほとんど絵像を御本尊としていますが、なぜ親鸞会だけが浄土真宗でありながら御名号を御本尊となさっているのでしょうか。非難される理由にもなるのではないでしょうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心をとりて礼にせよ

蓮如上人の真面目「無益の歳末の礼かな、歳末の礼には信心をとりて、礼にせよ」多勢の人が歳末のお礼に来た時蓮如上人が仰言ったお言葉である。  生涯、「信をとれ信をとれ」「一日も片時も早く、信心決定せよ」と叫びつづけられた蓮如上人の面目躍如としてあらわれているではないか。「信心をとる」とは阿弥陀如来の大願業力によって絶対の幸福になるというこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心決定して大いに笑って愉快に暮そう

笑いは人間の特権です。 昔から「笑う門には福来る」といわれます。アメリカのカーネギーは「ほほ笑みは人間が持つ、独特の自己表現法である。この貴い天の賜ものを正しく活用することは、人間のもっている一大特権である」と喝破しています。 そういえば、サルほど人間に近い動物はいないがサル笑いの事実はありません。猫も笑わないし、牛も笑いません。馬はち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人を汚す倉石暴言

以前、2月6日の閣議後記者団を前にして、倉石前農林大臣が「日本の憲法は国の安全について他力本願のバカバカしい憲法だ。親鸞の他力本願ではダメだ。自力本願でなければならぬ」と暴言を吐いた。  これに対して野党は平和憲法を無視するものとして一斉に審議拒否に出たが、東西本願寺も今度は漸く腰をあげて「かかる発言は他力本願の教義をはき違えたもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土真宗 念仏が一番尊いのか

「念仏成仏是真宗」とか「ただ念仏して」とか、 やはり念仏が浄土真宗にとって最も大切なことではないでしょうか。 普通、念仏とは、口で南無阿弥陀仏と言うことです。 浄土真宗ではその南無阿弥陀仏と口で称える心の相異によって三つの念仏があると教えられています。 ちょうど、涙を流していることから言えば同じことですが、悲しくて泣いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救われた人の思い

岐阜、久々野と私一人の為に浄土真宗の法話を お叫び下さる先生の御恩に報いることの出来ない自分に あいそがつきてしまいます。 こんな極悪人の私がどうして現在絶対不変な妙味を味わせて頂けるようにさせて頂いたのか、 何の間違いなのでございましょうか。 こんな私だったなればこそ、阿弥陀如来は御見捨てなく救いとって下さいましたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一大事に気づく人一人でも浄土真宗の大繁昌

見てこぬ浄土がハッキリするぞ 女性の身をもってアメリカで3人目の、ノーベル賞受賞者にかの有名なパール・バックという人がいる。 小説「大地」の作家である。 彼女はアメリカで生れて3ヶ月目両親の職業の関係で中国に渡った。 だから彼女の記憶はアメリカではなく、揚子江のほとり、靖江府の家から始まる。 彼女は素晴しい母や母に救われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more