信心決定して大いに笑って愉快に暮そう

笑いは人間の特権です。
 昔から「笑う門には福来る」といわれます。
アメリカのカーネギーは
「ほほ笑みは人間が持つ、独特の自己表現法である。
この貴い天の賜ものを正しく活用することは、人間のもっている一大特権である」
と喝破しています。
 そういえば、サルほど人間に近い動物はいないがサル笑いの事実はありません。
猫も笑わないし、牛も笑いません。
馬はちょっと笑うらしいが人間の笑いの比ではありません。
そんなことしたら人に笑われるとは言うが犬に笑われるとはいいません。
 勿論笑いと言っても種々あります。
赤ちゃんのケラケラ笑いや、豪傑笑いもあります。
クスクス笑いや、人を嘲笑するセセラ笑いや、時には泣き笑いもあります。
しかし、何といっても、一番、人の心をなごませるのは、すべてを忘れた快心の笑いでありましょう。
明朗そのものの屈託のない笑いにしくものはありません。
心からの美しい微笑は、それこそ人生の花であります。
純粋無垢の笑いに接する時、人生の苦労は吹き飛んで笑いの中に生き甲斐さえ感じることができます。
考えてみると、ほほ笑み程、元手のいらぬものは珍らしいのです。
人を喜こばせるには多少とも元手のいるのが、セチ辛い世の中の常であります。
ところが、ほほ笑みは元手が全然いらないばかりか、周囲全体をなごませ、トゲトゲしい対人関係をスムーズにします。
勢い仕事の能率もぐんとはかどる外、第一自分の健康に大変よいのであります。
特に「女は愛嬌」とか「主婦の笑顔は家庭の光」などといわれるように、女性に微笑が要求せられます。

笑う門には福来る」という諺があります。
 全国を廻っている富山のある売薬屋さんから聞いた話ですが、行商に行くと商売相手は殆んど主人でなく、みんな主婦です。
応接に出て来た奥さんが明るい顔している家と、くすぶった顔している家とがあります。
明るい笑顔をたたえている奥さんの家は一、二年後にいってみると家を新築したり、改築したり、庭がきれいになっています。
ところが苦虫かみつぶしたような奥さんの家は、相かわらず玄関の履物が散らばり、屋根の瓦が落ちたりしています。
「一家の盛衰は主婦できまりますね」
と永年の体験を聞かされ感心したことがあります。

 実に、ほほ笑みを忘れた人間ほど、みじめな、気の毒な人はいません。
ところが天下の渋面を一人で背負っているような人が多くあります。
こんな人はあたり一面にメタンガスを撤き散らし自損損他になります。
笑う門には福来る」は、確かに真理です。

心多歓喜の大益
 ところが、いくら笑いは薬である健康上にもよいから笑えといわれても、余りにも人生には笑うにも笑えない深刻な事実が充満している。
涙と汗のにじむ人生にあって快心の笑いを忘れるのも無理もない。
 親鸞聖人は『教行信証』の中に阿弥陀如来を信じた者は心に歓喜が多くなり、苦労の人生を笑って暮せる人になれるのだと「心多歓喜の益」を教えていられる。
笑うにも笑えぬ苦悩の連続しているこの人生を心から愉しく笑って暮すには、真剣に浄土真宗の法話聴聞して信心決定し、心多歓喜の大益を阿弥陀如来より頂戴するより外に道はない。

南無阿弥陀仏を称ふれば
 この世の利益きわもなし
 流転輪廻の罪 消えて
 定業中天 除こりぬ

輪廻転生の罪が消えると親鸞聖人は教えられ、蓮如上人また、
同行の前にては喜ぶものなりこれ名聞なり。信の上は一人居て喜ぶ法なり」(御一代聞書)
とおっしゃっていられるのもこのことである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント