なぜ大経だけが真実の御経なのか

親鸞聖人は、なぜ、大無量寿経だけが真実の経だといわれたのでしょうか。


親鸞聖人は『教行信証』の中に
「それ真実の教をあらわさば、大無量寿経これなり」
と明言なされております。


これは、ブッダの説かれた経典は八万四千とか七千余巻とか言われる程、たくさんありますが、ブッダの本心を説かれた、いわゆる出世本懐中の本懐経は、大無量寿経、ただ一つだと仰言ったものです。
そして、この大無量寿経以外の一切のお経はみな方便の経典だとおっしゃっておられます。

 では親鸞聖人は何を根拠としてこのようなことを断定なされたのかと申しますと、
まず『大無量寿経』の巻頭に、ブッダ自らが明言なされているからであります。
すなわち「如来、無蓋の大悲を以って三界を矜哀す。
世に出興する所以は道教を光闡し、羣萌を拯い恵むに、真実の利を以ってせんと欲してなり」
と宣言なされています。
これは、私がこの世に生まれ出た目的は、一切の人々を絶対の幸福に導く、この経を説く為であったのだ、ということです。

この巻頭のお言葉だけでも、すでに真実の経であることは明らかですが、
なお、この経の終わりには次のように仰言っておられます。 
「当来の世に経道滅尽せんに、我れ慈悲を以って哀愍し、特にこの経を留めて止住すること百歳せん、
それ衆生あって、この経に値うものは意の所願に随って、みな得度すべし」
と出世の本懐経であることのとどめをさしておられます。

 これはやがて『法華経』など一切の経典が滅尽する末法法滅の時機が到来するが、
その時代になっても、この『大無量寿経』だけは永遠に残り、
増々、すべての人々を絶対の幸福に救い導くであろう、と仰言ったものです。
こんなことが説かれているのは一切経多しと難もこの『大無量寿経』のみです。

 ブッダは『大集経』その他の経典に、私の死後千五百年たつと末法という時機が来るが、
この時機になると、一人も私の教えで助かる者がいなくなるであろうと予言なされています。
これをわが聖人は
「釈迦の教法ましませど、修すべき有情のなき故に、
さとりうる者末法に、一人もあらじと説きたまう」
と和讃せられておる通りです。

 しかも、その末法一万年の後には、
法滅の時機といって一切の私の説いた経典が滅する時機が、
やって来るであろうとも予言なされています。

 ところが『大無量寿経』には、このような法滅(経道滅尽)の時機が来ても、
この経だけは永遠に残るであろうと明言なされたことは、
永遠不滅の真実の経は『大無量寿経』のみであることを
ブッダ自ら断定なされたのと同じです。

 だからこそ、この『大無量寿経』を説き終られた時、
ブッダは「これで如来として為すべきことは、みたこれを為せり
と慶喜なされたのは当然でありましょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント