浄土真宗の墓参りの意味

過日お盆に里帰りし墓参りした時、ふと浄土真宗の者が墓参りする意味は、どんなことだろうかと考えこんでしまいました。

 真実の仏教を求めていられるなればこそ起きた尊い御不審だと思います。
 周知の通り世間ではお盆には死んだ肉親達の霊魂に集まって来るのだから、それらに供養する為に参るのだと信じこまれていますのに、浄土真宗の親鸞聖人や蓮如上人は、死者の霊は墓などには絶対に来られるものではないとこれら世間の俗信を打破なされています。
 即ち、信心決定(魂の解決)のできている人は浄土へ生まれて大活動するから墓の下にはいないし、信心決定していない者は無間地獄へ堕ちて大苦悩を受けねばならぬから、これまた墓の下に集まって来られる道理がありません。
 「この信心決定されずんば極楽には往生せずして無間地獄に堕在すべし」(御文章
蓮如上人も幾度もくり返して仰せになっている通り、いずれにしても盆だからといって墓石の下に集まって来られるものではないことは明らかです

庄松の名セリフ

 だからこそ親鸞聖人は御臨末に
「わが歳きわまりて安養の浄土に還帰する」
と仰言いましたし、常の御言葉に
「親鸞、死んだら加茂川へ屍を棄てて魚に与えよ」
と仰言って墓や葬式など問題にしてはおられません。

臨終の庄松同行に
「お前が死んだら立派な墓を造ってやるから喜べよ」
と法友達が言った時
「オレはそんな石の下におらんぞ」
と叫んで息を引きとっていますのも信心決定(魂の解決)している者には墓など問題にならぬことなのです。

 すべての人々は信心決定しているか、不決定の者か、どちらかに入っていますから我々の死後は浄土か、地獄か、
いずれかであることは明らかです。
さればお盆だからと言って墓石の下へ集まって来られるものでは絶対にないというのが真実の仏法の教えなのです。

 では墓参りすることは無意味なのかといいますと、心構えさえ正しければ決して無駄ではなく、信心決定する勝縁になります。
 全国で1万人以上もの交通事故死が出ています。
ベトナム戦禍どころの話ではありません。
都会などは文字通り自動車のハンランで「親知らず子知らず」の現代版をくりひろげています。
私共は死者1万人と発表されてもいささかも驚く心がありません。
この1万人のカゲには親は愛児を、愛児は親を、妻は夫を夫は妻を失い悲惨のドン底におち入っているのです。
ひき殺した運転者の多くは人生を棒に振っています。
それにもかかわらず私達はウツロなまなざしで数字を見ているだけで、そこには人間性のカケラもなく、死に対して完全にマヒしています。
無常観の立たないところに決死の聞法心がおこる筈がありません。

 朝から晩まで忙がしい忙しいで、五欲に追い廻されて静かに自己の脚下を見る間が現代人には余りにも少いのです。
しかし世の中が忙しくなればなる程、人生をふりかえる間が必要なのです。
講演でも落語でも、のべつまくなしにしゃべるのは、どうも感心できません。
やはり適当に間がないと話が薄っぺらになります。
水墨画の空間は画面の全体を生かす大きな役目を果しています。
茶の湯の間の和敬清寂は言うに及ばず、交通地獄も間がないから一瞬にして修羅の巷になるのです。

習慣・道徳・里帰り
 忙しければ忙しい程世俗の一切を断ち切って冷静に自己を反省する時間がほしいものです。
 その点、一年に一度、大自然の中に静かに息ずく墓前にぬかずくことは生きる意味を見つめる得難い機会になることは間違いありません。
「オレも一度は死なねばならぬのか」と生死の一大事に触れて厳粛な思いがするでしょう。
 ただ祖先の墓参りをするだけなら先祖供養の習慣とか、道徳だけに終ってしまいますが、これを勝縁として墓前で合掌する、そのままが私自身の一大事に合掌することになれば本当の生きる意味を知り、果たす有意義な墓参りとなりましょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント